columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 「アサヒペン」は良い塗料なのか?塗装業者の選び方。

「アサヒペン」は良い塗料なのか?塗装業者の選び方。

塗料の製造会社の中でも有名なのが、大阪市鶴見区に本社がある株式会社アサヒペン会社です。アサヒペンは昭和15年の創業以来、建築用塗料だけでなく各種塗料の製造販売を行い、昭和37年には家庭用塗料の専業メーカーに転身し、家庭で使いやすい安全な製品の開発を行ってきたといいます。その結果と、売上高・知名度・品ぞろえ・サービス体制など多面的に業界随一との評価を得るまでに成長しました。

アサヒペンはさまざまな製品の開発も行ってきました。その中でも、家庭用塗料の水性化、ワンコート(1回塗り)塗料や非危険物でノンフロンの「水性ニュースプレー」の開発など革命的な発明もありました。その結果、家庭用塗料の分野では初めてとなるエコマーク商品の認定を受けています。

ちなみにアサヒペンの社是は「誠意を貫く 信用第一主義」「不可能を可能にする 積極経営」「高収益・高賃金を実現する 生産性向上となっています。ではこのアサヒペンが販売している塗料にはどのような特徴があるのでしょうか。

アサヒペン製品の特徴・使い方

我々の身の回りには、鉄やアルミ・銅などの金属やコンクリート・モルタル・プラスチック・木材といった建築材としても利用される素材には、塗料が塗られています。この塗料の働きは、建築材の表面に乾燥した膜をつくることで、以下のような役割を果たし効果をもたらします。

建築材を保護する
塗料を表面に塗って少し時間が経過すると、塗料は乾燥し建築材の表面に薄く丈夫な膜を作ります。この膜を「塗膜」と呼んでいますが、この膜があるおかげで雨や紫外線、塩水といった自然環境条件から建築材を保護し、長く使用できるようになります。

建築材の美観を守る
塗料は、建築材に色・艶・滑らかさ・立体感を与え、塗装の仕方によっては模様を作り出すこともできます。住宅という、人々が長く使用する空間の美観につながる大きな役割を果たします。

建築材に特別な効果を与える
塗料を塗ることで、建築材に防カビ・防虫・防腐・防錆の機能を与えられますし、耐熱・遮熱の機能や蛍光・蓄光・光電導の機能などを持たせることも可能です。特別な塗料を使うことで、建築材の価値自体を大きく高めることができます。

塗料は基本的に液体なので、建築材の形や施工場所や厚さ・重量など物理的な問題を生じさせることなく塗ることができます。また、経年劣化が起こってしまうことはありますが、定期的なメンテナンスを行う(塗料を塗り替える)ことで、建築材を半永久的に保護できるという特徴があります。

塗料の中でも、揮発せずに膜になって残るものには「顔料」「樹脂」「添加剤」があります。顔料は建築材に色をつけて下地を隠すもので、樹脂は建築材の表面に付着して膜になる役目を果たします。添加剤は塗料の性能を補助するもので、最も効果が出るように使用されます。

アサヒペンの原材料を使うにあたって知っておきたいこと

このように、塗料にはさまざまな役割・効果があるのですが、アサヒペンからはどのような塗料が販売されているのでしょうか。まずは、その塗料の種類をまとめてみました。

油性塗料と水性塗料
かつては「塗料=油性」という考え方が一般的でした。しかし最近では、水で薄められた刺激臭も少ない水性塗料も多く販売されています。水性塗料は油性塗料と違い引火性がないので、家庭で使用しても安全性が高くなります。水性とはいえ、しっかり乾燥させれば水に溶ける心配はありません。

スプレー式塗料
広い外壁などではなく細かい部分の塗装を行う時や、電気製品や自転車・ホビー用品などにも活用できるのがスプレー式塗料です。噴射口を材料に直角に向けて、30cmほど離して吹き付けるだけで塗装ができるお手軽な製品です。使用する前に容器を撹拌球の音が聞こえてから30秒以上振ってから使用します。同じ所に噴射し続けると凸凹ができてしまうので、表面に万遍なく吹き付けていきます。このスプレー式塗料のデメリットは強い引火性を持っていることなので、火気の近くでは使用しないようにしましょう。

アサヒペンの塗料を使用する時の注意点

塗料選びに失敗すると、せっかく塗ったものの乾きが遅かったり、短時間ですぐにはがれてしまったりします。このようなことになってしまっては、また同じ作業を繰り返すことになってしまいます。そのため、製品のパッケージに書かれている用途をしっかり確認してから使用しましょう。また、塗料を使い始める時はしっかり撹拌することが大切です。スプレー式を除く製品の場合は、容器を逆さまにして振った後で開封して、その後にさらに棒でよく混ぜてから使用しましょう。粘り気があり過ぎて塗りにくい場合は、うすめ液でうすめてから塗装作業を始めましょう。

外壁塗装業者の選び方

アサヒペンではいろいろな塗料を販売していますが、やはり水性塗料の豊富さが特徴です。外壁以外にも屋根塗装にも使用できますし、ドアや雨戸といった細かい部分にもよく使われます。そのため、DIYだけでなく塗装専門業者にとっても使い勝手の良い塗料といえます。では、住宅の塗装を依頼する時は、どのように業者を選べば良いのでしょうか。

外壁塗装の業者選びで大事なことは、まず自分自身がどのような塗装を依頼したいかをしっかりと持つことです。例を挙げると、コストは安いが態度がいまいちな業者と、ちょっとコストは割高だがしっかりとした仕事をしてくれる業者であれば、どちらを選ぶでしょうか。これは、どちらが良い悪いの問題ではなく、自分自身がどのような業者にお願いしたいのかの基準を明確に持っていれば問題のない話です。

外壁塗装ができる業者は、大きくわけると以下の3つです。

① ハウスメーカーに依頼をした場合
大手のハウスメーカーとは、テレビCMやネット広告をたくさん打ち、施工数・知名度共に全国的に展開している会社のことを指します。ハウスメーカーに塗装を依頼した場合は、実際に工事を行うのは下請け業者(地元の塗装業者や下請け専門の業者)です。

ハウスメーカー自体が塗装職人を抱えているわけではないので、このような形にならざるを得ません。そうなると、中間マージンが発生して費用が高くなりますし、下請け側でも利益の確保のために手抜き工事が起きるリスクは高くなってしまいます。もちろん、真摯に工事を行ってくれるハウスメーカーもたくさんありますが、このケースによるトラブルは少なくありません。

それは、ひとつの工事に対して複数の会社が関わってしまうことで、どの会社も自社の利益を確保しようとするからです。ハウスメーカー側の中間マージンと、下請け業者側の費用を抑える塗装、これらが重なった結果、塗装の依頼者にはまったく関係ないところで問題が生じてしまうのが現状です。

② リフォーム業者に塗装を依頼した場合
リフォーム業者に塗装工事を依頼した場合、屋根・外壁の塗装以外にも直したいところがあれば一緒に直してもらえるケースがあります。もちろん別途料金がかかりますが、塗装をする際に組む足場を一度組むだけで済むので、別々に工事を行うよりもコストパフォーマンスとしては良くなります。しかし、リフォーム業者に塗装を依頼する時は気をつけるべきこともあります。

それは、リフォーム業者が塗装工事を始めたタイミングです。リフォーム業者の中には、「リフォームを専門にやっていた会社が塗装工事もするようになった」ケースと、「塗装を専門にやっていた会社がリフォームをするようになった」ケースの2種類があります。結論を先にいうと、「塗装を専門にやっていた会社がリフォームをするようになった」に依頼することをおすすめします。

というのも、途中から塗装もするようになったリフォーム業者と最初から塗装を専門にやってきたリフォーム業者では塗装の技術・知識に大きな差がありますので、塗装工事をメインで行う場合は、もともと塗装を専門にやっていたリフォーム業者を選ぶようにしましょう。

③ 地元業者に塗装を依頼した場合
最後に、地元の業者を選ぶメリットを挙げておきましょう。まず、費用を安く抑えられるということが挙げられます。地元の小規模ながら経営を長く続けている業者は、社内で職人を抱えて塗装を行うことがほとんどですので、中間マージンのような余計な費用が発生しないことが多いため、コストパフォーマンスが良くなる傾向にあります。

先述の通り、大手ハウスメーカーに依頼してしまうと、中間マージンが発生することで費用が高くなってしまいます。また、地元の業者では見積の依頼・契約・施工までを一貫して引き受けてもらえることから、打ち合わせで決まった約束がスムーズに社内で共有され、後々のトラブルにつながることが少なくなります。大手ハウスメーカーの場合は、下請け業者に塗装を依頼する場合が多く、ハウスメーカーに伝えていたことが下請け業者に伝わっていないという事態が発生することがよくあります。

また、地元の業者ですと工事を依頼する自宅との距離が近いことから、すぐに対応してもらえます。距離が近いということは、スピードはもちろん移動費もあまりかかりません。そのため、移動費が安くなることがトータルの工事費用を抑えることにつながります。ちなみに、地元の業者の口コミというのはWEBではあまり掲載されていないかもしれません。近隣で実際に工事を頼んだ人に聴いてみたり、工事現場を見学させてもらったりして、その仕事の仕方をチェックすることも大切です。

外壁塗装業者には悪徳業者が多いって本当?

建築業界全体にいえることですが、残念ながら一部の悪徳業者が業界のイメージを悪くしていることは否めません。もちろん、外壁塗装業者の中にはお客様ファーストで真摯に工事を行っている業者もたくさんいます。しかしながら、その逆も少なからずいるのです。具体的には、適正価格で工事費用を見積りしっかりとした仕事をしてくれる業者は良い業者といえますし、適正価格ではなく相場よりも高い費用の見積を出してくる業者や異常に安い費用で見積り手抜き工事を行う業者は悪い業者といえます。

建築業界の中でも、足場を組んで依頼主が見えないところで作業を行うことが多い屋根・外壁塗装工事は、一番手抜きをされやすく費用が不明瞭な工事といわれています。また、塗装業者ごとに独自で価格をつけているものですから、適正価格がどれくらいないのかもわかりづらいのです。そのため、見積を3社からとったとしても金額が一致することはないのですが、相場観はなんとなくつかめます。

この複数の業者に見積をお願いすることを「相見積」と呼んでいますが、これは塗装工事の依頼時には必須で行いたいものです。3社の中で2社が近い価格、1社がかなり高い(もしくは低い)価格を見積もってきた時は、2社が出してきた価格が適正価格に近いと考えられるので、そのどちらかの業者に依頼することをおすすめします。また、異常な値引きを行ってくる業者は要注意です。塗装工事はそれなりの金額になってしまうので、数十万円の値引きは魅力的ですが、それだけの値引きができるということは裏があると考えた方が良いでしょう。

業者選びで大切なのは自分自身の基準をしっかり持つこと

このように、外壁塗装業者の選び方で一番大事なのは、「あなた自身の選ぶ基準」を明確にすることです。そのうえで、良い業者を見つけるコツを紹介しましょう。

まずは、塗装工事の実績が豊富にあるかどうかです。実績があれば、提案の幅が広がりますし技術力もあると考えられますので、安心感も高まります。自社ホームページの施工事例が掲載されていると、より安心です、また、一級塗装技能士・二級塗装技能士や外装劣化診断士などの有資格者が在籍していることもポイントです。実は、外壁塗装は資格なしでも開業できるのですが、「有資格者がいる=仕事に対して真剣である」と考えられますので、こちらもホームページでチェックしておきましょう。

最後に、リフォーム瑕疵保険です。この保険は、塗装工事後に何らかの欠陥が見つかった時に、その欠陥を補修するための保険金が業者に支払われるというもので、この保険に入っている業者はお客様に万が一のことがあった時のことまでしっかり考えているということになります。この保険は工事を依頼した塗装業者が倒産していた場合にも保険金が支払われますので、リフォーム瑕疵保険への加入に対応しているかどうかも優良業者を見極める判断基準になります。

関連イベント