columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. どうすればいい?優良塗装業者の見分け方

どうすればいい?優良塗装業者の見分け方

屋根や外壁の塗装は一生のうちに何度もすることではありませんが、それなりの金額がかかります。
そのため、工事を依頼する業者は慎重に選びたいものです。
誰もが適正な金額で間違いのない工事をしてくれる業者に依頼したいと思っているはずですが、専門知識が必要なことにつけこんで悪徳業者が紛れ込んでいるのも事実です。
そこで今回は、悪徳業者から身を守り優良業者に出会える方法をご紹介していきます。
塗装工事と防水工事は同じ?違う?

「塗料の耐用年数は10年」は本当?


一般的に塗料の耐用年数は10年程といわれますが、住宅の立地条件によって外壁や屋根の劣化は変わってきます
寒暖の差が激しい地域と年中温暖な地域とでは、塗装へのダメージが異なることは容易に想像がつくでしょう。
車にも「寒冷地仕様」があるように、塗料によって寒暖の差に強い・弱い塗料があるのです。
つまり、「その塗料も同じ位持ちますよ」と簡単に言ってしまう業者というのはそのような住宅の立地による塗装のダメージについてあまり気にしない業者ということがわかります。
このように知識が浅い業者は避けたほうが良いでしょう。

また、「良い塗料=寿命が長い」というわけでもありません。
確かに、良い塗料というのは長持ちするように作られていますが、実際の寿命はその環境によるところが大きくなります。
このようなことを加味して、「この地域でこの塗料を使用するなら●年くらい」というわかりやすい説明をしてくれる業者は、これまでの経験・実績があるいい業者といえるでしょう。

塗料の種類は判断材料になる?

塗料というものは、成分によって種類が分かれます。
シリコンやウレタンなど、成分によって耐久年数なども変わってきます。
一般的に、シリコン塗料はウレタン塗料より耐久性・耐熱性・耐薬品性に優れているといわれます。
しかし、シリコン塗料も細分化されていて、水性のものもあれば油性のものもあります。
そして、すべてのシリコン塗料がウレタン塗料よりも性能がいいわけではありません。
シリコンが1滴入っただけで、シリコン塗料と謳っている様な製品もないわけではありません。
そのため、塗料に入っている成分だけで塗料を判断するのは危険なのです。

また、塗料を何に塗るかも重要です。
例えば、伸縮がある木材のような素材に硬くなる塗料を塗ってしまうと、木材の伸縮により、硬い塗膜はひび割れを起こしてしまいます。
優良な業者であれば、現場の職人はもちろん、営業パーソンもこのような塗料と素材の関係性を把握して、その住宅にあった塗料を提案してくれるはずです。
もし、木材に硬い塗膜の塗料を薦めてきたとすれば、それは勉強不足ということになります。
塗装をお考えの型必見!「木材の外壁塗装」について徹底解説!

百聞は一見に如かず…現場を見よう

工事を依頼する前には、業者が手がけている途中の現場を見学するのも参考になります。
百聞は一軒に如かず、といいますが、実際の塗装工事現場を見ればその業者がどのような仕事をしているかが一目でわかります。
もし、工事が終わっている住宅に住んでいる人に話を聞くことができればさらに良いでしょう。
地域密着型で何十年も営業している業者であれば、数十件の塗装事例があるはずですので、それらを見せてもらいましょう。
どれだけ屋根や外壁を綺麗に仕上げているのか、現場を見れば一目瞭然です。
そして、工事をしている現場であれば、どのような職人がどのような姿勢で仕事に取り組んでいるのかもわかります。
やはり、仕事中の礼儀やマナーがしっかりしている職人を使っている業者は仕上がりも綺麗です。

その逆は言わずもがなですよね。
黙々と仕事に取り組む職人もいれば、仕事に関係のない話をしている職人もいます。
どのような職人が塗装を手がけてくれるのかは、重要なポイントです。

そして、業者を決めた後もチェックは必要です。
棟梁(現場監督)の質は最終的な仕上がりを大きく左右します。
工事中に少しでも話をすると、その人となりが見えてくるはずです。
工事のことはもちろん、簡単な世間話でも構いません。
棟梁がどのような姿勢で仕事に取り組んでいるのかが分かれば、いろいろな懸念事項が解消されたり不安な点が見えたりします。
信頼できそうな人物であれば、安心して工事を任せられるでしょう。
依頼主の目線に立って二人三脚で工事を最後まで施工してくれる棟梁であれば、その塗装工事は成功したようなものです。

悪徳業者に騙されない業者の見分け方

住宅業界というのは、残念なことに悪徳業者が少なくありません。
そのため、塗装工事についても悪徳業者に引っ掛からないことは重要なポイントになります。
塗装工事は安くない工事費がかかるものですから、誰もが失敗したくないと思うものです。しかしながら、国民生活センターなどに寄せられるトラブルは後を絶ちません。

では、悪徳業者にだまされない具体的な方法はあるのでしょうか。
本当に予算にあった施工をしてくれているのか。せっかく高い費用を払ったのにすぐにだめになってしまわないかなど、様々な不安がよぎると思います。
そのためにも、悪党業者を避けて優良な業者に出会うことこそが塗装工事の成功への一番の近道です。

費用を格安に値引きするのは注意!

塗装のトラブルで多いのは過剰な値引きです。
依頼主にとっては、安いことはよいことだと思うかもしれませんが、相場よりも異様に格安な見積が出てくるというのは手抜き工事をされることが想定されます。
そのため、塗装工事を依頼する際は複数社から見積をもらう「相見積」をすることをおすすめします。

例えば、同じ工事内容で3社に見積を依頼して、A社が100万円、B社が120万円、C社が30万円という見積が出てきたとしましょう。
この場合、A社とB社の金額が近いことから、相場が100万円前後であることがわかります。
しかしC社だけ明らかに低い金額が提示されています。
これは、契約がほしいがためにわざと格安の金額を出して、手抜き工事をするかオプションで積み上げて高額の工事にしようとしているのかのどちらかが予想されます。
このような場合は、A社とB社で交渉するという方法が安全化と考えられます。

また、塗装工事というものは塗料の品質と職人の経験による知識と技術でその成功・失敗が決まってくるものです。
そのため、極端な格安な提示というのは、塗料の品質を落とすか職人の質を落とすしか方法がありません。
モノで手を抜くか、ヒトで手を抜くかの違いしかなく、いずれにしても手抜き工事につながるリスクが高くなってしまうのです。

悪徳商法の代表的な手口「モニター価格」にも注意

また、悪徳商法の手口のひとつに「モニター商法」というものがあります。
これは、何かしらの特典をつけることでモニターとして勧誘し、最終的には相場以上の工事費用をせしめようとするものです。
この「モニター商法」の「モニター価格」に一人暮らしのお年寄りが引っかかりやすいです。
お年寄りが分からないように横文字を並べて金額を提示し「こんなに安く出来るんですよ」と契約を勝ち取ってしまう、というわけです。
このケースによる被害は多く、悪徳業者も一人暮らしのお年寄りを狙ってこの方法を仕掛けてくるのです。

例えば、モニター価格として「通常価格の半分で出来ます」といわれると心が揺らいでしまいがちです。
しかしながら、塗装業界の半額は先ほどの相見積の件でも紹介したように、異常な価格設定なのです。
依頼主をいい気分にさせて、手抜き工事になってしまう、もしくはどんどん経費が高くなって最終的にはコストパフォーマンスの悪い工事になってしまうということが安易に想定できます。

このような事態を避けるためには、一人暮らしのお年寄りがいる家族は日頃から尋ねてくる人の様子を聞いておくことが重要です。
あやしい話、うますぎる話があったときには注意が必要です。
悪徳業者の被害にあわないように、離れた家族とのコミュニケーションは大切にしておきましょう。

訪問販売も危険がいっぱい

上記のモニター勧誘においてよく行われるのが、訪問営業です。
いきなり尋ねてきた専門業者“っぽい”人に「壁と屋根の劣化が激しいですね。もうすぐ雨漏りしますよ」などといわれると心配になってしまうものです。
このように、契約を狙って心配をさせて工事を受注するのが訪問販売の狙いですので、基本的にはすぐにお断りするようにしましょう。

ちなみに、地域で長く営業している業者は訪問営業などする必要がありません。
なぜかといえば、いい仕事をしていれば勝手に口コミで依頼主が集まってくるからです。
そう考えると、訪問営業がいかに危険なものかが分かると思います。

塗装はゆっくりじっくり検討する

訪問販売以外でも、不安になるような言葉をかけてくる悪徳業者がいないわけではありません。
「今すぐ塗装をしないと、家が壊れてしまうのですぐに工事をしましょう。明日までに契約してもらえれば安くしますよ」などととにかく急かしてきます。
とはいえ、塗装工事はそんなに簡単に安い費用でできるわけではないですから、焦って契約したとしても良い結果になることは少ないでしょう。

一般的には、新築から7〜10年未満の家であれば、塗装工事を焦る必要はありません。
何かしらの外的要因によって塗装が剥がれてしまった場合は別として、今の塗料の質からいって15~20年くらいは経年劣化に耐えられるとされています。
要するに、悪徳業者が言うように焦って工事を行う必要はありません。
塗装工事を行う際は、じっくり時間をかけた上で、どのような塗装をするのか決めていきましょう。
優良業者であれば、すぐに契約してくれと焦らせることもありませんし、親身になってじっくり最善の提案をしてくれるはずです。
家のことはゆっくり考える。これは塗装に限ったことではありませんが、高い買い物になりますので慎重を期すことが大切です。

それぞれの塗装工事のメリット・デメリット

塗装工事を行う業者には、いくつかの種類があります。ではどの種類の業者に塗装工事を依頼すべきなのか、そのメリット・デメリットをまとめてみました。

●ハウスメーカー

他の業者と比較すると、一般的にハウスメーカーの方が知名度は高くなります。
知名度が高いということは、それだけ施工数も多くなり、営業パーソンも多数そろえているのでアフターフォローもしっかり対応してくれる業者が多いです。
しかしながら、ハウスメーカーは自社で塗装専門の職人がいないことが多く、契約している下請けの塗装専門業者に工事を依頼することでビジネスを成立しています。
そのため、営業パーソンの専門的知識という意味では不安な部分が残り、中間マージンも多く発生してしまうので、相対的にコストパフォーマンスは低い傾向にあります。

●工務店・リフォーム会社

工務店もリフォーム会社については、地元で長く営業している業者も多いことから、知人からの紹介などで選ぶ人が多いようです。
そのため、信頼度という意味ではハウスメーカーに匹敵するものがあります。
しかし、工務店やリフォーム会社も塗装がメインではない場合もあるので、下請けの塗装専門業者に工事を依頼することになり、工事費は割高になってしまうこともあります。
また、最近は五輪景気や復興に職人が集められているので、質の良い職人がうまく集まるかどうかというのも、自社の職人がいないデメリットに挙げられます。

●営業会社

営業会社とは、施工などはまったく行わず、契約を取ることを専門にしている会社です。
訪問営業など、トラブルになりやすい営業スタイルで言葉巧みに契約を取ろうとしてきますが、マージンが高く、割高工事になりやすいので敬遠した方が良いでしょう。

●塗装専門店

塗装専門業者の一番のメリットは、直接契約になることから中間マージンがなくなることです。
そのため、これまで紹介した業者の中では最もコストパフォーマンスに優れている方法となります。
また、専門業者であることから塗装に関する知識・情報も豊富ですので、施工自体は安心してお任せできるでしょう。

しかしながら、営業パーソンがいない業者も多いので、ご近所への配慮などが手薄になる可能性があります。
このような業者は小規模なので、社長とも直接話す機会があると思います。
その人柄に触れてから、決めてみても良いかもしれません。

このように、塗装工事の業者には様々な種類がありますので、自分のスタイル、考えに合った優良業者を見つけて工事を依頼しましょう。

関連イベント