columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. どっちに頼む?地元業者と大手業者のメリット・デメリット

どっちに頼む?地元業者と大手業者のメリット・デメリット

外壁塗装など住宅に関する工事を依頼するのは、地元業者と大手業者のどちらが良いのでしょうか。どちらも良いところと悪いところがありますが、それぞれの特徴を理解することで、どちらに依頼すべき工事かがわかってきます。実は、住宅に関する工事の中でも「どのタイプの業者に工事を依頼すれば良いのか」は、住宅の工事に関する相談を行っているサービスカウンターなどでもよく話題になることです。

 

地元業者と大手業者の違いとは?

住宅の屋根・外壁塗装の寿命は、およそ10年といわれています。実は、この塗装を生業としている業者は全国に数十万社あります。ある地域だけでも何十社が存在し、地元密着の業者から大手ハウスメーカーまで様々な業態の会社が入り混じってい

ます。では、屋根・外壁塗装を地元業者・大手業者に依頼した時のメリットとデメリットを紹介していきましょう!!!

地元業者を選ぶメリット

 

  • 費用を抑えられる

まず、地元業者を選ぶメリットとして挙げられるのが、コストパフォーマンスが良いという点です。地元業者は社内で職人を手配して塗装を行うことが多いので、他社から職人を借りるといった余計な費用が発生しません。そのため、施工にかかる人件費を抑えられることが最大のメリットとなります。大手業者に依頼すると職人が多そうと思われるかもしれませんが、実態はその逆で、下請け業者から職人を借りることによる中間マージンが発生するので、人件費は割高になってしまうのです。

  • 伝達が早い

見積の依頼から契約・施工までを一気通貫して引き受けてもらえるのも地元業者の特徴です。打ち合わせで決まった事柄がスムーズに引き継がれるので、食い違いが起こりにくく、トラブルが発生しにくくなります。大手業者の場合、下請け業者に塗装を依頼することが多いので、大手業者に伝えていても下請け業者に伝わっていないことはよく起こります。そのため、トラブルが発生しやすいのです。

  • 急ぎの用事への対応が早い

地元にあるということは、その業者と依頼者の住宅はそんなに距離が離れていないと想定されます。そのため、何か急ぎの用事があった場合は、すぐに対応してくれます。この距離の近さというのは、すぐに駆けつけてくれるという時間の問題だけではなく、費用を抑えられることにもつながります。時間の拘束が短くなるということは、移動費が安くなるので、トータルの工事費用も低く抑えられます。

  • 地域に合った塗装を提案してくれる

地元密着の塗装業者には、その地域で生まれ育った職人や営業マンが多く在籍しているケースが多いです。そのため、地域の気候に詳しいのでその地域に最適な塗料選び・塗装を提案してもらえます。大手業者の場合、塗装工事のパターンがある程度決まっていることが多く、地域性を無視した塗装をされるケースがないわけではありません。その場合、数年で塗装が剥がれるなどのトラブルが発生することがあります。

地元業者を選ぶ際の問題点としては、大手業者と違いWEBなどでの口コミ情報が少ないことが挙げられます。そのため、知人や隣人で施工してもらった人から直接その業者の仕事ぶりの感想を聞くのが一番の判断材料となります。

ちなみに、塗装に関する資格をホームページでチェックしておくこともおすすめです。塗装に関しての資格には「塗装指導員」「一級塗装技能士」「二級塗装技能士」などがあります。その業者の職人が取得している資格からどれくらいの技量を持っているかがわかりますので、有資格者が多い業者を選ぶと質の高い施工が受けられる可能性が高くなります。

 

地元業者のデメリット

 

  • 優良業者が探しにくい

実は、地元業者には優良業者も多いのですが、悪徳業者も多いといわれています。屋根・外壁塗装はそれなりの金額の工事になりますので、信頼できる業者かどうかをしっかり見極めてから工事を依頼したいところです。特に注意が必要なのは、飛び込み営業で仕事を獲得している業者です。いきなりやって来た営業担当者が外壁診断をすすめてきたり、すぐに塗装をした方が良いと脅してくる場合は、悪徳業者の可能性が高いのですぐに契約しないようにしましょう。

  • アフターケアにばらつきがある

地元業者の場合、きちんとしたアフターケアや保証制度が確立されていない場合があります。最近でこそ小規模な業者の中にも充実したアフターケアを行うように制度化している業者は増えてきましたが、残念ながら保証内容にばらつきがあるのが現状のようです。また、地元の小規模な業者の場合は、いざアフターケアが必要になった時には会社が倒産・廃業しているリスクもないわけではありません。

 

このようなリスクを考慮して、建築産業専門団体連合会の「長期性能保証制度」や日本塗装工業会の「ペインテナンス」、マスチック事業協同組合連合会の「長期性能保証」などの保証がある業者に工事を依頼すると、保証期間内という条件付きではありますが、万が一その業者が倒産しても対応してもらえるという制度・保証もあります。

 

大手業者のメリット

 

  • 実績が多い

大手業者を選ぶメリットとして挙げられるのは、これまで積み重ねてきた実績があることから、保証制度がしっかり確立されていて、トラブル対応力が高いことです。屋根・外壁塗装の場合は、一度工事をすると次の工事は10年以上先になることが多いことから、大手業者であれば時間を経ても営業している可能性が高く、長い付き合いができる安心感があるのものポイントです。

担当者こそ代わったとしても住宅や工事の情報は引き継がれていきますので、メンテナンスの情報を長期間保存してもらえます。また、総合的な工事を行っている大手業者であれば、屋根・外壁塗装以外の工事についても必要なメンテナンスを適切な時期に知らせてもらうこともできます。一元的なメンテナンスを行うことで、住宅を長持ちさせられるというメリットもあります。

 

大手業者のデメリット

  • 料金が高い

地元業者と比べるとコストパフォーマンスが悪いのが、大手業者の最大のデメリットでしょう。大手業者は、屋根・外壁塗装は下請けの業者に発注することがほとんどですが、実は下請けの業者からさらに別の孫請けの業者な業者にまで仕事が行くことがあります。そのため、マージンが積み重なって割高になってしまうのです。また、関わる業者が多くなることで情報の伝達がうまくいかなくなるリスクもはらんでいます。契約を行う際の担当者と実際の施工を行う業者が違う会社になってしまうので。そのような問題が起こりやすくなるのです。

 

また、大手業者の場合には配置転換や転勤が発生することがあるので、契約した後にすぐに担当者が変わってしまうというケースも少なくありません。そのため、見積から契約、工事の終了までの期間にじっくりお付き合いをしてもらえない可能性があることもデメリットとなります。

 

良い業者を見つけるための秘訣

 

このように、地元業者と大手業者ではそれぞれのメリット・デメリットがあります。しかしながら、工事を成功させるためには良い業者を見つけることがポイントとなります。

 

  • 「塗料の耐用年数は10年」という文句に注意

塗料の耐用年数が10年前後であることは一般的に知られていることではありますが、立地条件によって外壁や屋根の傷みの進行度は大きく変わります。多くの塗装業者は、塗装の寿命は10年前後というかもしれませんが、正確にはその住宅の状況をチェックしないことにはわからないものです。北海道や東北地方のような寒暖の差が激しい地域では塗装の劣化は進みやすいものです。

しかしながら、どの塗料も寿命は10年と言い張る塗装業者はいい加減な業者と考えて良いでしょう。例えば、住宅の近くに電車が通っていれば外壁の汚れは早いですし、金属部分の錆も進行しやすくなってしまいます。そのような地域と閑静な住宅街とでは、外壁や屋根の劣化具合には違いが出てくるのは当然なのです。

つまり、同じ塗料でも寿命は違いますし、良い塗料だからといって寿命が長いわけではありません。塗料がどれくらい長持ちするのかは、立地条件によって異なるものです。そこまで考慮して寿命が10年というのであれば、塗料の知識があり経験豊富な優良業者といえるでしょう。

  • 塗料の種類だけで良し悪しを決めない

塗装業者は、自分たちが使っている塗料の種類が素晴らしいことを説明してきます。例えば、シリコン塗料を採用している業者はウレタン塗料よりも丈夫だということを力説してくるわけです。確かに、シリコンの主な性能は耐久性・耐熱性の高い耐薬品性の成分がたくさん入っています。そのため、シリコンは口紅やシャンプーなど様々な日用品に入っています。

このように日用品でも多くの商品に入っているシリコンですが、いろいろな種類があります。水性のシリコン塗料もあれば、油性のシリコン塗料もあります。つまり、すべてのシリコン塗料がウレタン塗料よりも高性能というわけではないのです。質の低いシリコン塗料よりも、質の高いウレタン塗料の方が効能は高いということもあるわけです。

シリコン塗料の中には、ほんのわずかなシリコンが入っているだけで「シリコン塗料」と謳っている商品もあります。そのため、住宅の環境や劣化具合をしっかり確認したうえで、最適な塗料を選ぶことが大切になります。塗料の種類だけで、良し悪しを判断する業者はあまり良い業者ではない可能性が高くなります。

 

  • 様々なプランを提案してくれる

業者の中には、長持ちするという理由だけで高額の塗料をすすめてくることがあります。確かに、長持ちすることは良いことではあります。しかし、依頼主があえていろいろな色の外壁にチャレンジしたいと思っていた場合、この提案はあまり良いものではありません。例えば、いろいろな色の外壁を検討している依頼主に対してもこの提案をし続けるとしたら、逆にストレスに感じてしまうかもしれません。

ここはひとつ、依頼主の意向を汲んで、「このような色を使えば、こんな雰囲気になりますよ」などと意に沿った提案をしてもらいたいものです。5年ごとに外壁工事をするプランを出して、そこで割引をするなどということができれば、最適なプランになるかもしれません。

塗料に関する知識と工事の実績のある塗装業者であれば、依頼主の意向に沿った良いプランを提案してくれます。いろいろなプランを提案してくれる業者を選ぶためにも、たくさん質問をしてみることをおすすめします。

  • 実際に塗装工事をしている現場を見せてくれる

業者のめどが立ってきたら、実際に塗装工事をした物件もしくは塗装工事中の物件を見せてもらいましょう。ここで断りを入れてくる業者は、まずNGだと考えて良いでしょう。経験豊富で自分たちの腕に自信がある業者であれば、喜んでいろいろな物件を見せてくれるはずです。実際に物件を見せてもらうと、外壁や屋根をどのように仕上げているかが一発でわかります。

また工事中の現場を見学できれば、どのような職人たちがどのように仕事をしているかがわかります。仕事の質はもちろん、工事中のマナーなどもチェックしておきましょう。抜き打ちで見に行ってみるのも、素の状態がわかるので効果的です。煙草を吸いながら仕事をしていたり、無駄話ばかりをしていたりする職人には自分の家の塗装は任せたくないものです。

 

  • 塗装職人の人柄をチェックする

塗装業者を決めた後も、油断はできません。チェックしておきたいのは、現場監督の質です。現場監督がどのような人物かは、仕事に関する話題はもちろん、仕事に全く関係のない話をたくさんすることでも見えてくるものです。この現場監督がいい加減な人物だと、工事の質は低下しますし、最終的に良い仕上がりになりません。

工事のスタートから完了までのスケジュールをしっかり把握し、大きな工事にも関わらず依頼人のストレスがたまらないように気づかいをしてくれる人物が望ましいものです。価値観がよく似ている人物が現場監督であれば、それは素晴らしいことです。

そのためには、とにかくたくさんコミュニケーションをとることです。あえて、現場監督が答えにくいようなきわどい質問(修理を失敗するリスクなど)をぶつけてみるのも良いでしょう。その時に、嘘をつかずお客様ファーストの答えをしてくる人物がいる業者であれば、良い工事をしてくれることでしょう。

業者選びに関してはこちら!!

関連イベント