columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. パミールの破損は訴訟しても勝てないかも…?パミールの修繕はどうすればいい?

パミールの破損は訴訟しても勝てないかも…?パミールの修繕はどうすればいい?

皆さんは「パミール」という屋根材をご存知でしょうか。このパミールは、1996年から2008年に販売されていた屋根材で、住宅に使う素材にアスベストの使用が法律で禁止された時期に発売が開始されたものです。アスベストは、高い粘着性があるため建材の強度を高めるには優れていましたが、人体への健康被害が社会問題化していました。

 

このパミールを販売していたニチハ社は、外壁材最大手のメーカーのひとつです。屋根材の市場ではシェアが低い会社でしたが、得意としていた外壁材とアスベスト規制により改良した屋根材をセット販売するという戦略を展開するため、アスベストが含まれていないノンアスベストのスレート屋根材であるパミールの販売を開始しました。

 

この時期はニチハ以外の業者もノンアスベストの屋根材を販売していましたが、多くのノンアスベストの屋根材で、施工後数年で不具合の報告が相次ぐようになりました。その中でも、不具合が多く発生したのがパミールだったのです。

 

なぜパミールの不具合が起こったのか

パミールでなぜ不具合が起こったのか…それは、アスベストの代替となる製品開発の技術や長期使用の検証が不十分であったからだと考えられています。この時期に販売されていたすべてのスレート系屋根材が不良品であるというわけではなく、今も十分な強度を持ったスレート系屋根材はたくさん存在しています。

 

しかし、この時期に販売されたスレート系屋根材の多くは、現在のスレート系屋根材やアスベスト入りの屋根材と比較すると耐久性が弱いと考えられているのは事実です。

 

実は、メーカーは製造責任を否定しています。というのも、屋根材の不具合は経年劣化によるものといったスタンスなので、リコールはしていません。リコールを認めてしまうと、損害賠償責任で会社の存続に関わるほどの影響が出てしまいます。

 

一般的に、スレート系屋根材のメーカー保証は2~5年程度ですので、施工から10年が経過した時点の不具合に関してはメーカーの責任が問われないことがほとんどなのです。

 

~ では、パミールではどのような不具合がよく起こってしまったのでしょうか。 ~

  • ● 層間ハクリ

層間ハクリとは、パミールの先端部分でよく現れる現象で、スレートの層が何層にもめくれ上がってしまう状態のことです。

 

  • ● 釘の腐食

釘頭の腐食もよくある不具合です。釘頭が錆びてなくなってしまうので、釘が効かなくなったパミールはずれたり落ちたりして、近隣に迷惑がかかる物損事故・人身事故につながるリスクが高くなってしまいます。

ニチハはパミール本体と釘の不具合の因果関係はないと説明していて、あくまで釘自体のトラブルという見解を示しています。その証拠に、パミールはリコールされていませんが、パミールの工事で使用された釘はリコールされています。釘の製造元である若井産業株式会社は、この釘の腐食の責任が釘自体にあるとの見解を示していないことから、現在に至るまで釘の腐食の本当の原因は解明されていません。

 

  • ● パミールのダブル不具合

最も不幸なケースは、この層間ハクリと釘の腐食が同時で起こってしまった場合です。パミールのトラブルというと、層間ハクリばかりが注目されていました。

しかしながら、層間ハクリが発生すると屋根の内部に雨水が入り込みますので、パミールを留めている釘が腐食することになります。つまり、ニチハが認めたくない層間ハクリと釘の腐食の因果関係は否定しきれないというのが現状に近いのです。そのため、パミールの調査をしてもらう時は、パミールだけでなく釘の腐食状況もチェックしてもらいましょう。

ちなみに、パミールにやってはいけないことがあります。それは、太陽光パネルの設置です。設置工事の施工後10年ほどで劣化してしまうノンアスベストの屋根に太陽光パネルを設置すること自体、非常に危険な行為です。

しかしながら、ノンアスベストの屋根の問題を認識しておらず、パミールに太陽光パネルを設置してしまった業者は少なくないようです。

 

自宅の屋根がパミールかどうかを見分ける方法

パミールはスレート屋根材に分類されますが、スレートはどの製品もデザインが似ていることから、屋根を見上げて見分けるのは難しいものです。しかし、パミールに関しては簡単に見分ける方法があります。パミールの屋根先は凸凹で、かつ凸と凹の幅が等間隔になっているという特徴があり、このデザインはパミール独特のものです。ケイミュー社が販売しているコロニアルneoなどほかの軽量スレート屋根材にはない特徴です。

 

パミールに関するニチハの対応

 

パミールの問題については、建設業界では有名な話です。そのため、パミールの製造元であるニチハには、パミールを設置している人からの問い合わせは多くあります。ニチハは、パミールの不具合の問合せに対して、どのような返答をしているのでしょうか。

 

ニチハがパミールの不具合の問い合わせを受けた時に、「アルマ」を使ったカバー工法を薦めているようです。アルマとは、ニチハが製造しているシート状になった屋根材のひとつであるアスファルトシングルの商品名です。

 

カバー工法とは、既存の屋根に別の屋根材を重ね張りする工法なので、パミールの上にアルマを重ね張りすることになります。アスファルトシングルはコストパフォーマンスに優れている屋根材なのですが、耐久性やメンテナンス性に劣るため、優良なリフォーム業者はあまり薦めない素材です。

 

結論としては、パミール自体が弱いことを考えると、リフォーム工事では耐久性の高い金属屋根を活用したリフォームが良いでしょう。ちなみに、ニチハは「横暖ルーフ」という金属屋根を取り扱っているので、アルマではなく横暖ルーフのカバー工法であれば検討の余地はあるかもしれません。

 

不具合があった建築材を扱っているメーカーの対応は?

一般的に、建築材の不具合について業者はどのような対応をするのでしょうか。まず、建材の不良品について最初に尋ねるのは住宅メーカーになると思います。住宅メーカーは、「実際に住宅を建設した会社」にクレームを伝えるよう言ってくるでしょう。

 

住宅建材の保証は、住居を購入した消費者ではなく建設会社に対して行われるからです。建材の不具合により代替品保証が認められた場合は、その代替品は実際に建設した会社に納品されます。この保証があるからこそ、住宅メーカーはリフォーム工事の受注ができるともいえます。

 

しかし、この場合は消費者にとっては不都合なことが起こります。それは、建設会社が請け負うリフォーム工事はたいていコストが高くなってしまうということです。建設会社に依頼するリフォームは、マージンを取って下請け業者へと業務を依頼します。そのため、消費者にとっては二重の出費になってしまうというわけです。

 

つまり、住宅メーカーを通した屋根リフォーム工事は、なかなかコストパフォーマンス的には厳しいものがあります。そのため、住宅メーカー経由ではなく、自分でリフォーム会社に代替納品ができるかどうか確認するのが良いでしょう。

 

パミールの修繕はどうすれば良い?

このように、パミールのリフォーム工事は住宅メーカーではなくリフォーム業者に依頼することをおすすめします。特に、屋根専門のリフォーム業者であれば、専門店ならではの専門性の高い提案によるコストパフォーマンスに優れた工事ができるからです。

 

その場合、複数の業者に見積を取る「相見積」を行い、どの業者が一番信頼できるかどうかをチェックしましょう。それなりの価格がする屋根のリフォームを、1社に依頼するのは避けた方が良いでしょう。

 

パミールの具体的なリフォーム方法

 

パミールをリフォームするには、一般的な屋根の工事と同様に「カバー工法」と「葺き替え」の2種類の方法があります。また、カバー方法はさらに2つの工法に分かれます。

 

  • ● 直接下葺き材張りカバー工法

直接下葺き材葺き張りカバー工法で、パミールの上に防水シートとなる下葺き材と新しい屋根材を重ねて張るというものです。

この工法は、パミールの劣化があまり進行していないケースで採用されることが多く、最近ではパミールの上に張る下葺き材として粘着式のものも発売されています。この粘着式の下葺き材は、シートの裏側が粘着シールになっているので、ボロボロになってしまったパミールをシートで押さえつけるようにして貼るので、屋根全面を一体化させることで強度をアップします。

粘着式ではない商品では、シールの代わりにタッカーという釘のようなもので固定します。しかし、タッカーはパミールにさらに負担を与えてしまうので、あまりおすすめできません。

 

  • ● 野地板増し張りカバー工法

野地板増し張りカバー工法、は、パミールの上に野地板という合板を張り、その上に下葺き材と新しい屋根材を張る工事方法で、多くの材料を貼る形になるので屋根が重くなりますが丈夫にはなります。

しかし、新しく野地板を張る手間と材料費によりコストがかかってしまうため、先述の下葺き材張りカバー工法に比べると割高になってしまいます。また、屋根が重くなることから工事金額が割高になります。この工法は、パミールの劣化が激しく既存の下地にまで影響が出ている時に採用されることが多くなります。

 

  • ● パミールの葺き替え

パミールの葺き替えにおいては、先述の横暖ルーフにも、「カラーベスト」「コロニアル」といったスレート屋根を薦められるかもしれません。スレート屋根というのは、施工が簡単なことから、瓦屋根が得意なリフォーム会社に当たった場合はパミールをスレート屋根に葺き替えるよう薦めてくる可能性が高いです。

とはいえ、パミールもスレート屋根のひとつですから、またノンアスベストのスレート屋根にするということが最良な選択かどうかは悩ましいところです。ノンアスベストのスレート屋根で大きな問題が発生したことを受け、屋根材メーカーは研究を重ねて改良されたスレート屋根を販売していることは事実です。

しかし、それらの屋根が販売されてからまだ十年ほどしか経過していないので、改良した製品の検証は不十分です。実は、スレート屋根の最大手であるケイミュー社が発行する保証年数は、最高グレード商品でも「10年」となっています。さらに、リフォームでスレート屋根を用いた場合は製品保証が「0年」となってしまうのです。

つまり、工事保証が得られるのは新築工事のみなのですが、スレート屋根への葺き替えを薦める業者はこの事実を依頼主には話したがりません。メーカー保証のない屋根を使うことは、リスクが高すぎます。

 

一方、金属製のガルバリウム鋼板屋根はすでに販売から20年以上が経過し、十分な検証がなされてきた屋根材です。メーカーも「25年」の保証を設け、葺き替えリフォームにおいてもメーカー保証が得られます。

 

実は、2016年にはケイミュー社ですら金属屋根の評価と需の高まりにこたえる形で「スマートメタル」という金属屋根の販売をスタートしています。さらに、金属屋根はスレート屋根よりも軽く、パミールから金属屋根に葺き替えると屋根の重量が実に4分の1にまでなります。これらの要素を勘案すると、パミールの葺き替え工事では、スレート屋根よりガルバリウム鋼板屋根への葺き替えをおすすめします。

 

とはいえ、カバー工法によるリフォームで十分な場合は、カバー工法で問題ないと思われます。ちなみに、カバー工法でも金属屋根を使用できますのでリフォーム会社に相談してみてください。

火災保険の活用で修理が無料になる可能性も

 

パミールの修繕を行う際に、強い味方になってくれる可能性があるのが火災保険です。火災保険は、火事で住宅が燃えてしまったときに補償してくれるのはもちろん、雷が落ちて電化製品が壊れるといった「落雷」による損害や、台風で屋根がはがれてしまったといった「風災」による損害など、地震・津波・噴火を除く自然災害による被害も保証してくれます。

つまり、このような自然災害の被害だと認定されれば、パミールの修繕工事も保険で賄える可能性があるというわけです。

 

このような火災保険の活用は、慣れている業者に任せることをおすすめします。全国建物診断サービスのように、火災保険を活用したリフォーム工事の実績が豊富な業者が加盟している団体に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

お問い合わせはこちら!!! 

 

関連イベント