columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. ベランダからの雨漏りにはFRP防水が効果的?

ベランダからの雨漏りにはFRP防水が効果的?

住宅にとって深刻な症状ともいえるのが、ベランダからの雨漏りの発生です。そのベランダの防水で一般的なのは「FRP防水」と呼ばれるものです。

FRPとは、「繊維強化プラスチック」のことで、英語の「Fiber-Reinforced Plastics」の略称です。このFRP防水は、ベランダのほか屋上にも採用される強固な防水機能を持つもので、定期的なメンテナンスを行うことで長持ちさせられます。

外壁塗装の定期的なメンテナンスは10年ごとといわれていますが、この時にFRP防水のメンテナンスや補修が必要かどうかをチェックできるのが望ましいのですが、なかなかチェックすら行われていないのが実情のようです。そこで今回は、ベランダや屋上のFRP防水がどのようなもので、どのようなメンテナンスが必要なのかを紹介していきます。

 

FRP防水とは何か

ベランダの床面というものは、下地の上に「防水層」を作って、その表面に「トップコート」を塗ることで防水機能を高めています。ベランダの防水層の種類としては、FRPによって防水層を形成する「FRP防水」のほか、液体ウレタンの塗膜で防水層を形成する「ウレタン防水」があります。

また、合成ゴムや塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを貼る「シート防水」という工法もあります。ビルやマンションなど大きな建物の屋根には、アスファルトを合成繊維不織布に含ませて防水層を形成する「アスファルト防水」という工法もありますが、ベランダで採用されることはほとんどありません。

 

また、ベランダの床の表面にグレーの塗料が塗られているのを、よく見かけると思います。このグレーの塗装が「トップコート」なのですが、実はカラーバリエーションは豊富にあり、グレー以外にもベージュ・白・黒・ライトブルー・グリーンなども存在します。このトップコートの役割は、防水層を紫外線から守ることです。

 

原材料としては、主に「ポリエステル系」と「ウレタン系」の2種類がありますが、ップコートが剥がれてしまったり、防水層にも影響が及んだりした場合は、適切なメンテナンス方法で補修する必要があります。

 

防水層の耐用年数は10~15年前後

防水層は、一般的に10年前後で老朽化してきます。素材によってはもう少し長く持つ場合もありますが、太陽光や風雨によって日々劣化していくことから、トップコートが薄くなりひび割れが起こることがあります。そのため、10年に一度を目安にメンテナンスを行うことが奨励されています。

一方、防水層を守るトップコートは5年程度で塗装をするのが望ましいといわれています。防水層を保護する塗料であるトップコートが劣化していると、防水層が熱や紫外線の影響を直接受けてしまうので、トップコートが剥がれてくる前にメンテナンスを行いましょう。

 

塗装工事と防水工事についてはこちら!!!! 

 

FRP防水の概要・特長

 

FRP防水は、FRPの特性を防水分野に応用した工法です。この工法では、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加え混ぜ合わせて、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体化してFRPの塗膜を形成します。そのため、完成した防水層は継ぎ目のないシームレスな防水層になるので、優れた防水性能になります。

また、塗膜の硬化速度が速いことから、何層も塗り重ねたとしても1日で施工が終わるという利点もあります。さらに、軽量で強靭、耐熱性・耐食性・耐候性に優れているという特長があり、ベランダの防水にうってつけです。

 

FRP防水の材料

FRP防水に使用される主な材料は、液状の不飽和ポリエステル樹脂のほか、補強材としてガラスマットを使用し、その上にトップコートを塗って仕上げることになります。このFRP防水の主な材料となる防水用の不飽和ポリエステル樹脂と防水用ガラスマットについては『建築学会・建築工事標準仕様書JASS8・防水工事』にて材料規格が定められています。

 

FRP防水でよく使用される「ガラスマット2プライ仕様」も、『L-FF仕様』として同書に記載されています。その後、2014年に改定された同書では、参考仕様として『ウレタン複合FRP系塗膜防水工法・駐車場仕様』と『耐温水・耐薬品性FRP塗膜防水・密着仕様』の2つの仕様が掲載されるようになりました。

 

ちなみに、このJASS8の参考仕様とは『標準仕様ではないが、設計者にとって役に立つと思われ、設計の際に参考になるもの』という基準で掲載されています。また、建築学会から刊行されている『FRP防水工事施工指針・同解説』にも種々の用途に対応するFRP防水仕様が記載されているので、防水工事を行う際はこの仕様に合わせて施工することになります。

 

FRP防水の施工法は標準化されている

 

FRP防水については、標準的な施工方法が決められています。もちろんほかの防水施工についても同様で、全国防水工事業協会の「防水施工法」において標準化されています。また、厚生労働省が実施している「FRP防水技能士」(1級と2級に分かれている)の技能検定については平成13年(2001年)から行われていて、2015年には全国で5000名を超えるFRP防水技能士が誕生しました。

 

ベランダの防水は重要…放置すると大変なことに

このように、国を挙げてFRP防水の技能向上に取り組んでいるのですが、それはこの防水機能がなくなった状態で放置してしまうと、住宅の中に雨水が浸入し甚大な被害を与えてしまう可能性があるからです。そこで、ベランダで以下のような異常を発見した時は、すぐにメンテナンスすることをおすすめあします。

 

  • ● 表面が色褪せしてしまっている

ベランダの床の表面が荒れて色褪せしている時は、トップコートの機能が低下してきている証拠です。なるべく早めに塗装工事を行いましょう。

 

  • ● 塗膜や防水層がひび割れを起こしたり剥がれたりしている

ひび割れや剥がれた部分を見つけた時は、表面のトップコートの塗膜だけに影響が出ているのか、防水層にも劣化が進んでいるのかを専門業者に確認してもらいましょう。最悪のケースとしては、防水層を通り越して、下地にまで影響が出ている場合です。この時は、下地ごと交換するという大工事になってしまう可能性もあります。

 

  • ● ベランダに水が溜まるようになる

ベランダに雨水が溜まるようになるには、以下のような原因が考えられます。

・排水口にゴミがたまっている

・防水効果が完全に切れてしまっている

・雨水を自然に流すための勾配が緩やか過ぎる

まずは、排水口の掃除をしてみましょう。これで水が流れるようになれば、以後定期的にゴミ掃除を行ないましょう。ゴミを掃除しても水が溜まる場合は、その他の原因が考えられるので、専門業者に調査してもらい適切な処置をお願いしましょう。

 

  • ● 植物や藻が繁殖してしまっている

ベランダにひび割れが起こって植物が芽を出していたり、藻が発生していたりする場合も要注意です。特に、雑草は非常に強く頑丈なので、防水層を破壊して成長していくリスクがあります。そのため、植物が生えてきた時に放置してしまうと、防水層はもちろんのこと住宅自体に被害が出る可能性があるので、早急なメンテナンスが必要になります。

 

  • ● 雨漏り

ベランダの床の防水性がなくなってしまうと、雨水が住宅内部へ浸入してしまい、建物の基礎部分である柱や梁、骨組みなどに被害が出てしまうリスクが高まります。つまり、ベランダが劣化して雨漏りが起こっている環境というのは、住宅にとってかなりの緊急事態ですので、早急にメンテナンスが必要です。

 

トップコートに使用する素材について

ベランダの床の表面には、防水層を保護するためにポリエステル系やウレタン系のトップコートを塗装することになります。それぞれ、どのような特徴を持っているのでしょうか。

 

  • ● ポリエステル系の特徴

ポリエステル系トップコートは、住宅の新築時に使用されることの多い工法です。素材自体が硬いため、経年劣化すると割れやすいというデメリットがあり、重ね塗りにはあまり向いていません。そのため、リフォーム時には採用されることが少ない傾向にあります。

 

  • ● ウレタン系の特徴

ポリエステル系に対し、リフォームの際に主に使用されるのはウレタン系のトップコートです。ウレタン系はウレタンの防水層はもちろん、FRPやゴムシートとの相性が良いことで知られています。ポリエステル系のような硬さこそないものの、伸縮性に優れていることからひび割れしにくいという利点があります。

 

このように見ると、新築時はポリエステル系、メンテナンス時はウレタン系のトップコートを使用することが多いことがわかります。

 

FRP防水のメンテナンスの方法

 

ベランダの床をFRP防水にすると、木材のように朽ちたり金属のように錆びたりすることはありません。木材や金属がむき出しになっているのと比較すると、メンテナンス性に優れていることは間違いありませんし、FRP防水の床にすることで美観の面でもすっきりさせることができるというメリットがあります。

 

ところが、このFRP防水の床が本格的にベランダの防水層に使用され始めてから20年ほどしか経過しておらず、FRP防水の寿命がほかの工法よりも長いことから、最近ようやくメンテナンス工事が行われるようになってきました。

 

つまり、FRP防水のメンテナンス工事に限っては、いくら実績のある防水業者だとしても圧倒的に施工数が少ないということです。その点では、今後そのメンテナンス方法は変化していくものと思われますが、現在のところの方法を紹介していきましょう。

 

FRP防水のメンテナンス方法

 

まず、劣化が少なくトップコートの塗り替え工事だけで済む場合はどのようなものなのでしょうか。

以下の場合は、このケースに該当します。

・FRPの表面のトップコートが経年劣化によって退色している場合

・FRPの表面のトップコートが剥がれてきている場合

・FRPの表面のトップコートにひび割れができている場合

これらのケースにおいては、比較的症状が軽いと考えられるにで、FRP防水の改修方法としては一番ベーシックであるトップコートの塗り替え工事だけで済みます。

まずは、高圧洗浄で汚れを落として塗装する面をきれいにすることからスタートします。電動グラインダーによるFRPの表面の研磨・目荒らし(ケレン)を行います。この工程により、トップコートの剥がれているところの周囲を削り、剥がれかっている箇所もきれいにして、より確実にきれいにできる下地を作ります。

その後、アセトンによる拭き掃除を行います。このアセトンは揮発性が高く強い引火性があることから、危険物として取り扱いが定められています。そのため、一般人は簡単に買えません。ここで注意が必要なのが、FRPの表面の研磨・目荒らしとアセトンによる拭き掃除を混同している業者がいることです。

この工程のどちらかが欠けてしまっては、下地の処理がうまくいかず、トップコートがうまく塗ることができない可能性が高くなります。FRPの表面にあるワックスの油膜成分を、アセトンでしっかり拭き取ることで、塗料がしっかり乗るような仕上がりにします。

 

塗装の工程では、塗り替え専用のプライマーを塗り、その日のうちにトップコートの塗装に入ります。もちろん、プライマーがよく乾いてからトップコートを塗装します。

このトップコートの塗料には色々ありますが、新築時と同じようにするか、リフォーム用のものを使用するかはそれぞれメリット・デメリットがありますので、業者と相談して決めるのが良いでしょう。高価でも寿命が長くしたいのであれば、新築時と同じトップコートを使用することをおすすめします。

トップコートの塗装工事だけで済まないほど損傷が激しい場合は、FRPの防水層の塗装工事をすることになります。この塗装には数種の方法や工事のグレードがあり、もちろんグレードが高くなれば高価になります。その傷み具合により適切な工事が変わってきますので、業者とよく相談をして、納得のいく形で工事を進めましょう。相場観がわからない場合は、複数社に見積をとる相見積を行って比較検討するのが良いでしょう。

 

メンテナンスを行うことで長持ちさせる

 

このように、FRP防水のメンテナンスでは多少の剥がれや全く剥がれていない表面の劣化・退色などの補修においても、かなりの工程が必要になります。これが、すでに雨漏りが起こってしまっている場合や表面の劣化が激しい場合は、さらに工程が増え大工事になってしまいます。そのため、定期的に適切なメンテナンスを行うことが住宅をを長持ちさせるコツといえます。

 

お問い合わせはこちら!!! 

関連イベント