columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 和瓦は塗装が必要?和瓦の代表的な種類と特徴について

和瓦は塗装が必要?和瓦の代表的な種類と特徴について

注文住宅で一戸建てを建築しようとするとき、内装はもちろんですが外装も自分の好みにしたいもの。今はガルバリウム鋼板のような軽量の屋根の人気も高まっていますが、ここ日本の風土に合った伝統的な和瓦も選択肢としては捨てがたいのではないでしょうか。

この和瓦、実は塗装を必要としないことをご存知でしたでしょうか。そこで今回は、和瓦の基礎知識とその特徴や種類について紹介していきます。

 

和瓦とは

 

粘土質の土を瓦形にして乾燥させた後、1000~1250度の熱で焼いて製造する陶器瓦。その中でも和風住宅に合う形状のものを和瓦と呼びます。よく似た瓦に「セメント瓦」がありますが、陶器ではなくセメントでできているので性質は異なります。

 

和瓦に似た瓦の呼び名で「日本瓦」というものがあります。実は、和瓦と日本瓦は全く同じもので、正式には「J形瓦

」と呼ばれるものです。どのあたりが“J形”なのか…と思う人もいるかもしれませんが、この「J」は「Japanese」の「J」が由来となっています。このような呼び方になったのは1996年からで、JIS(日本工業規格)の改定により決められました。「和形」「J形」「和瓦」「日本瓦」はすべてこの「J形瓦」のことです。

なぜ「Japanese」の名を冠しているかというと、これは日本人が開発した瓦の形状だからです。瓦は遠い昔からあるものですが、そもそもは大陸から渡った技術といわれています。しかしながら、昔の瓦とは形状が違います。古くに建立された社寺仏閣で使用されている瓦は「本葺瓦」と呼ばれ、今の和瓦とは形状が違います。

 

屋根についているものなのでなかなか間近でも見る機会はないかもしれませんが、瓦もどんどん変化しているのです。

 

和瓦の4つの特徴

 

~ それでは和瓦にはどのような特徴があるのでしょうか。 ~

 

  • ● 重量がある

和瓦の重量は、平均で45kg/㎡ほどです。一方、スレート瓦は平均で24kg/㎡ほどで、ガルバリウム鋼板屋根にいたっては平均で4kg/㎡ほどです。このように比較すると、和瓦がどれだけ重いかがわかります。住宅の高い部分にある屋根が重くなるということは建物の耐震性こそ低くなりますが、丈夫なものですので屋根自体の強度は高くなります。

 

  • ● 勾配がきつい

勾配とは傾斜角度のことで、建築基準法でそれぞれの瓦の最低勾配が定められています。具体的には、和瓦は4/10以上で、和瓦以外の部材は3/10以上または1/10以上とゆるい勾配になっています。一般的に勾配がきついほど雨漏りはしにくくなるといわれていますが、施工費用は割高になります。

  • ● 塗装が不要

和瓦の表面には、釉薬が塗られているものと塗られていないものがありますが、どちらも塗装を不要としています。釉薬瓦は表面がツルツルしていることから、そもそも塗料がうまく乗りません。また釉薬がないいぶし瓦は独特の風合いが特徴なので、塗装をするとその風合いを殺してしまうことになります。

  • ● 耐久性が高いのでメンテナンスが不要

粘土を高温で焼いて作られる和瓦は、その材質は粘土から陶器に変化し、その耐久年数は50年とも100年ともいわれています。何かしらの衝撃を受けてひび割れが生じない限り、和瓦自体のメンテナンスは不要です(ただし漆喰が劣化した時は補修が必要です)。

 

代表的な和瓦の種類

 

ここでは、代表的な和瓦の種類を2つご紹介しましょう。

 

  • ● 釉薬瓦(釉薬瓦)

粘土を瓦の形にして乾燥させた後、ガラス質の釉薬を表面にかけて焼いた瓦のことです。釉薬の成分によって青や黄色など色合いが変化するのが特徴です。

 

  • ● いぶし瓦

釉薬は全く使用せずに、焼いた後にできるだけ空気を遮断して製造される瓦のことです。空気を遮断する(いぶす)ことで、瓦の表面の炭素に膜を形成させて独特の風合いのある瓦になります。

 

和瓦と洋瓦とは何が違う?

以前は洋瓦というとセメント製や未釉薬のものが多かったのですが、最近で陶器製かつ釉薬がかけられている洋瓦も登場しています。そのため、和瓦と洋瓦の違いは形状だけともいえます。

 

洋瓦の形状は「S形」「平板」「混ぜ葺き」の3つが主流です。和瓦は基本的に塗装を必要としていませんが、洋瓦の中のセメント瓦は塗装が必要です。実は、セメント瓦は和瓦と見た目が非常に似ているので、和瓦と勘違いして塗装をしないままにしてしまうというケースが少なからずあります。セメント瓦と和瓦は見た目こそ似ていますが、メンテナンスの方法は全くと言っていいほど異なりますので注意が必要です。

 

セメント瓦は、文字通りセメントでできている瓦のことです。正確には、セメントに砂を混ぜたモルタルでできています。屋根や外壁の素材というものは、コロニアルやサイディング、モニエル瓦にモルタル外壁とその多くがセメントをベースとしています。

セメントとは、石灰岩を焼いて粉状にしたものと水を合わせて反応硬化するもの全般を指しますが、結合しているだけですので長期間に渡って紫外線などを受けると石灰岩の劣化により流れ出てしまうのです。そのため、石灰岩が流れ出てしまったセメントはスカスカになり、強度がどんどん落ちてしまうため割れやすくなり、すぐに破損してしまいます。

この石灰岩の流出を防ぐために、セメント瓦には塗装を施しています。しかし、塗料も石灰岩と同じく樹脂が結合してできているので、紫外線などによりその結合が破壊されて劣化していきます。塗料によりその寿命は変わってきますが、一般的には10~15年で塗装工事を行うのが良いとされています。

 

瓦屋根は塗装が必要なのか

 

上記の通り、瓦には和瓦と洋瓦があり、和瓦は基本的に塗装が不要です。しかし、洋瓦に関しては、種類によって塗装が必要になる場合があります。現在、屋根材で圧倒的なシェアを獲得しているのはスレートですが、このスレートは塗装をすることで耐用年数を伸ばすことができます。

一方、和瓦はそのものが塗装以上の耐用年数を持っていますので塗装は不要です。和瓦の素材は粘土ですので、焼いて乾燥させると陶磁器になり強度が増します。洋瓦の中でも陶磁器製のものは塗装不要ですが、セメント瓦とモニエル瓦は塗装が必要です。モニエル瓦というのは商品名なのですが、素材自体はセメントですので、劣化して石灰岩が流れ出るのを防止するためにも塗装が必要になります。

また、塗装をすることで防水性を高めることもできますので、塗膜に粉が出るチョーキング現象のような劣化が見え始めた時は塗装のタイミングといえます。

和瓦とセメント瓦の見分け方

 

和瓦とセメント瓦は形状が似ていて、「和瓦」「J瓦」「平板瓦」「平瓦」「S瓦」「洋瓦」「F瓦」など呼び方も複数あります。そのため、見た目でも呼び名でも和瓦とセメント瓦を区別することは難しいのですが、和瓦の形をしたセメント瓦というのは存在しません。

 

もし、自宅の瓦が塗装の必要なセメント瓦だった場合は、普通のセメント瓦かモニエル瓦かを見分ける必要があります。モニエル瓦はセメント瓦の一種ではありますが、モニエル瓦の場合は塗装時に特に注意が必要となります。というのも、モニエル瓦はセメント瓦の上に分厚い粘土の層であるスラリー層というものが存在し、このスラリー層を高圧洗浄してきれいにしてから塗装をしなければすぐに塗料が剥がれてきてしまうという状態になってしまいます。

 

モニエル瓦の塗装について

 

このようにセメント瓦とモニエル瓦ですが、塗装の際に使用する下塗り材も別物になります。セメント瓦とモニエル瓦の見分け方ですが、瓦の断面図を見ると何とか判別ができます。屋根の下から瓦を見て、断面がザラザラしている感じがするものはモニエル瓦です。

とはいえ、ちゃんと見分けられるかは心配だと思いますので、専門の業者に見てもらうようにしましょう。瓦の塗装については、塗装業者の中でも瓦の塗装に慣れている業者に任せたほうが良いでしょう。というのも、瓦の形状は複雑ですし種類によって塗料も変わりますので、経験豊富な塗装業者でなければすぐに塗装が剥がれてきてしまうリスクがあるからです。

 

和瓦の修理を実質0円でできる方法がある?

 

実は、住宅の修理を検討する際に工事費が無料になる可能性があることをご存知でしょうか。もちろん、和瓦の修理も実質0円になるかもしれません。その方法というのは、火災保険を活用するというもの。住宅ローンを組む際には必ずと言っていいほど加入することになる火災保険には「風災補償」というものが付いています。その風災補償、最大瞬間風速20m/sの強風による被害だと認定されれば工事費を賄ってくれるというリフォーム時の強い味方になってくれるものなのです。

 

火災保険の補償の対象と範囲について

 

火災保険は、自動車保険などと同じ損害保険の一種です。名前のイメージから火事の被害にのみ適用される保険と思われがちですが、火事以外にも風災補償を始めとする様々な自然災害などの被害も補償してくれるものです。

しかしながら、その契約内容をちゃんと把握していないケースも多く見受けられ、せっかく火災保険が活用できる工事でも、自己負担が100%で終了してしまっているケースが良くあります。火災保険を始め、各種保険の基本は「自己申告」ですので、請求しない限りは保険金がおりません。請求漏れをしてしまっては、せっかくの掛け金はただ捨てているだけと同じです。

 

火災保険の補償の対象

火災保険の対象となるのは、一戸建てマンション・ビル・アパートなどの「建物」と、それらの建物の中にある家具や什器などの「家財」です。これらの補償対象のことを「保険の対象」と呼んでいるのですが、火災保険の特徴はこの「保険の対象」を選ぶことができるという点です。選び方は3種類で『「建物」のみ』『「家財」のみ』『「建物」「家財」の両方』で、おすすめなのは「建物」「家財」の両方を保険の対象にするパターンです。建物はもちろん日常生活に欠かせない家財についても、万が一の時に補償してくれるので安心の補償内容となります。

 

瓦は、この「建物」の一部として認定されます。建物外の範囲である門、塀、垣、建物付属の物置や車庫に固定してあるTVアンテナなどは保険会社によって範囲に違いがありますが、瓦に関しては「建物」を対象にしている場合、100%火災保険の対象となる箇所です。

 

日本瓦の修理について

 

日本瓦の修繕については、葺き替え工事が一般的です。スレートのようなカバー工法(重ね葺き)は和瓦の性質上できません。和瓦の寿命は50年ともいわれていますし塗装も不要ですので、漆喰の劣化などにより雨漏りが発生した場合は、瓦の交換もしくは全面葺き替えを行うことになります。

 

思い切った葺き替えとしては、和瓦からガルバリウム鋼板へ変えてしまうという方法もあります。葺き替え工事は瓦の撤去代なども加算されるので、コストパフォーマンスはそれなりに高くなり、㎡単価で1万5000~2万5000円ほどが目安となります。一般的な一戸建てですと、総工費で100~250万円くらいになります。ガルバリウム鋼板も耐久性が高いので最近はよく使用されていますが、もともと和瓦の屋根の場合は和瓦の方がしっくりくるケースが多いようです。

1

和瓦は塗装が不要であることを覚えておこう

 

ここで改めて、和瓦が基本的に塗装をする必要がないのはなぜかをまとめておきましょう。屋根の塗装というものは、美観性と耐久性、遮熱性といった機能性を高めるために行うものです。しかしながら、和瓦の耐久性は塗料の効能とは比べ物にならないことから塗装が不要となります。

和瓦の寿命は屋根の種類の中でも最も長く、50年以上とも100年以上ともいわれています。また、遮熱性についても和瓦はもともと厚みがあるので、熱を伝えにくい形状・性質をしていますので、遮熱塗料の効果もあまりありません。

つまり、残る塗装の意味としては美観性のみなのですが、いぶし瓦のように経年劣化により表面が色褪せたりする和瓦もありますが、本来の機能である防水性能が落ちることはありません。そのため、この色褪せをそのままにしておくかどうかで塗装をするかが決まります。

和瓦に対応した塗料も出ているのですが、この色褪せも和瓦の魅力といえます。つまり、和瓦の魅力を楽しむには塗装は不要ということですから、「効果が落ちている」という虚偽の売り文句で和瓦の塗装を薦めてくる業者は信用しない方が良いでしょう。

関連イベント