columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 塗装をお考えの型必見!「木材の外壁塗装」について徹底解説!

塗装をお考えの型必見!「木材の外壁塗装」について徹底解説!


住宅を建設するうえで、大切な部材となるのが「木材」です。
木材は鉄筋コンクリートを基礎に使用しても、どこかしらに木材は使用されます。
デザイン性は高いのですが、モルタルやサイディングといった塗装した部材と比較すると、寿命は半分程度の短さといわれています。
縁台や玄関、ウッドデッキやラティス、戸袋などで活用される木材ですが、これらを長持ちさせるにはどのようにすれば良いのでしょうか。
今回は、木材のおける外壁塗装について解説していきたいと思います。

まずは木材の性質と特徴を知ることからスタート

木材は、金属やプラスチックと大きく違う部分があります。
それは、水分など湿気を吸収・放射する性質を持っているということです。
人間でいう「呼吸」と同じような性質ですが、この調湿機能があるおかげで木の形は伸縮するのです。
調湿機能とは、木材が雨などで水分を含んでしまった場合、余分な水分を吐き出して木の中の含水量を一定に保とうとする働きです。
この時、すべての水分を吐き出してしまうと、紫外線に晒され続けてしまうと枯渇してしまいダメになってしまうため、ある程度の水分を残しておくという調整が可能なのです。
この調湿機能が作用することにより、水分が多すぎるために起こる「腐食」や、乾燥が続き水分が少なくなり過ぎた時の「ひび割れ」などを防ぐわけです。
ですが、外壁の木材に塗装を施すと事情が変わってきます。

一般的に外壁塗装で使われる塗料というものは塗った面で固まり、塗膜と呼ばれる保護膜になります。
これは木材に塗装した時も同じで、木材の表面を塗膜で保護することになるのですが、木材の内部は特に加工がされているわけではありません。
つまり、木の表面は塗膜で固まってしまいますが、内部では調湿機能が働くことになりますので、表面の塗膜を破って水分を出そうとする力が加わります。
塗膜の強度よりも調湿機能が上回ると、塗装にひび割れが起こり、そこから水分が浸入し木材の内部を侵食してしまいます。
モルタルのような素材は耐用年数が約10年といわれていますが、木材の塗装の耐用年数は3~5年程度といわれているのは、このような理由があるからです。

木材用の外壁塗料の種類

木材のもう一つの特徴は、自然の木目があることです。
そのため、木材に使用する塗料には「木目を生かす塗料」と「木目を消してしまう塗料」の2種類があります。

①木目を生かす塗料

木目を生かす塗料の性質として、木材の保護成分が内部に浸透していくことが挙げられます。
そのため、木材の内部に塗料が浸透していくことで表面に塗膜を作らず、木材特有の温かみがそのまま残るのです。
しかも表面に塗膜ができないということは、塗膜の不具合による剥離やひび割れのリスクもありません。
しかし残念ながら、効果が長持ちしないというデメリットがあります。
また、そもそもの木材の劣化が激しい場合には、塗装してもその劣化がそのまま見えてしまうこともあります。
そのため一般的には、1~3年での塗り替えが必要です。

木目を生かす塗料として使用されるのは、石油化学製品の木材保護着色塗料と天然素材を原料とした塗料です。
前者は防腐・防カビ効果が高く、木材の調湿機能を活かすように開発された塗料で、紫外線から表面を守り雨濡れにも対応できるような仕上がりとなります。
後者は、日本古来の柿渋や桐油・亜麻仁油といった油を染み込ませるオイルフィニッシュと呼ばれる工法で、それぞれの木材特有の木目がきれいに浮き上がるという特徴があります。

②木目を消してしまう塗料


木目を消してしまう塗料というのは、木材の上に塗膜を作るタイプです。
表面に塗膜ができてしまうため木目が消えてしまうのですが、木目を生かすタイプの塗料よりも長持ちするというメリットがあります。
そのため、屋外で使用する木材に向いています。
また、木材そのものを完全に覆い隠すことになるので、木材の劣化を隠すこともできます。
しかし、木目が消えることで木材特有の温かさに欠けること、塗装がうまくいかなければ剥離・ひび割れが起こる可能性があるというデメリットもあります。

一般的な塗り替えサイクルは4~6年となっています。
木目を消す塗料としては、耐久性に優れていて仕上がりのバリエーションが豊富な合成樹脂塗料と、日本伝統の漆や西洋用家具の表面仕上げに使われてきた昆虫の成分を基にしたセラック樹脂塗料などの天然樹脂塗料があります。
後者は、近年の環境問題に対応するために再注目されている塗料です。

では、この2つの良いところを兼ね備えた塗料はないのでしょうか。

実は、木の温かみも残しながらも長持ちさせるという方法は存在します。
それは、木目を生かす塗料を塗装した後に透明の木目を消す塗料を塗装するという、二度塗装するという方法です。
お分かりの通り、この方法では手間がかかりますし費用も高くなることから、時間と予算に余裕がある場合に採用されることが多くなっています。

木材の塗装はDIYで可能かどうか

「木材の塗装くらいであれば自分でもできそう」…DIYの心得のある人であれば、そう考えるかもしれません。
現在はホームセンターにプロ仕様の材料や道具が売られていますので、DIYでやろうと思えばできないことはないでしょう。
木材塗装をDIYで行うか業者に依頼するか…その判断基準となるのは、以下の3つの事項です。

① 足場が必要かどうか

屋根や外壁の2階部分など、高所を塗装するとなるとどうしても足場を組む必要があります。足場を組まずにはしごで行うことは非常に危険ですので絶対に避けましょう。
そのため、足場を組む必要がある場合は業者に任せた方がよいでしょう。

② 面積が広い

外壁全体など広い面積を塗装する場合は、業者に依頼した方がよいでしょう。
もちろん、ウッドデッキくらいの広さであれば、DIYで塗装することは可能です。

③ 木材にすでに塗装されている

木材に塗装がされているかどうかは、水をかけてみればすぐにわかります。
塗装されている場合は、水がはじかれるので、この場合はDIYでは塗装がうまく載らない可能性が高くなってしまいます。

その場合は業者に依頼し、そもそもの塗装をはがすところからスタートします。
また、塗装面が限りなく小さい場合は、サンドペーパーなどで塗装をはがしてから新たに塗っていくという方法もあります。

DIYで木材の塗装を行う場合の一般的な流れ

では、木材塗装をDIYで行う際に必要なものを紹介しましょう。
まずは、事前に施工する面積をメジャーで測定することからスタートします。
そして、計算した面積から必要な量の塗料を購入しますが、この際途中で塗料がなくなることを防ぐため、少し多めの量を用意しておくことをおすすめします。
そのほかには、ローラーやハケ(水性用・溶剤用があるので注意)、マスキングテープ、マスカー、サンドペーパー、ウエス、皮スキ、バケット、手袋、保護眼鏡、混ぜ棒など、持っていないものを購入しておきましょう。

道具と素材を揃えたら、次は下地処理です。
この処理は木材塗装にとっては必須です。下地処理をいかに上手に行うかが、仕上がりの美しさに大きく影響するので注意深く行いましょう。
ほこりや砂などの細かい汚れや付着物は、必要に応じて水もしくはぬるま湯で拭きとり、表面をきれいにしてから乾燥させます。
油類などを拭き取った時は、塗料用シンナーで拭いてから乾燥させましょう。
表面の汚れを取る時に、力を入れ過ぎると表面に傷をつけてしまうことがあるので、十分に注意しましょう。
乾燥させた後は、研磨を行います。
研磨紙を使って、表面のけばざらざらを取り除いていきます。
そして、「パテかい」というパテで穴を埋める作業を行います。
素地の割れ目や虫食い穴、打ちキズなどは樹脂パテで埋めて平らにし、研磨紙で仕上げます。

樹脂パテで埋める部分は、傷んでいる部分はしっかり取り除いてから作業をしなければ、塗装完了後にパテが剥がれてしまうことがあるので注意しましょう。
パテかいが終わり、木材の表面がきれいに仕上がった後は、養生を行います。
マスキングテープやマスカーで、塗装しない箇所を覆います。

続いて、塗装に入ります。
まずは、購入した塗料の仕様書を確認することから始めましょう。「何回塗りなのか」「1回の塗でどれくらいの量を塗るのか」「乾燥時間はどれくらいなのか」を把握します。
その塗料ですが、保護効果をアップさせるために防腐剤・防カビ剤・防虫剤などが使用されています。
そのため人間の肌に触れてしまうと荒れることが予想されます。
そのため、手袋・保護眼鏡・マスクなどを装着することを忘れないようにしましょう。
そして、いよいよ塗料の開封ですが、開封前によく振り混ぜてください。
そして、缶の口にまぜ棒を入れてよくかき混ぜます。

塗料をバケットに移してから、塗りにくい箇所から塗装するのがポイントです。
一般的に、木材塗装の塗料は複数回塗ることになりますが、1回目の塗装が終わったら仕様
書通りに塗り重ねまでの乾燥時間を確保し、2回目の塗装を行います。
また、塗料のふたは閉めておきましょう。
なぜなら、缶を開けたまま放置しておくと、蒸発してしまうからです。
この蒸発により、塗料の表面が乾燥してしまうと、次回使用する時に塗りムラができてしまうので管理をしっかりと行いましょう。
塗料が残ってしまった場合は、新聞紙など不要なものに塗りつけて乾燥させてから廃棄しましょう。大量に残った場合は、しっかりとふたを閉めて冷暗所で保管しましょう。

塗装業者はどのように選べばよいか


では、木材塗装を業者に頼む場合はどうすればよいのでしょうか。
以下の3ポイントを基準に、優良業者を見つけ出します。

① 適正価格を提示しているかどうか

相場の価格を押さえるためには、複数の業者に見積をとる“相見積”を行います。
できれば、少なくとも3社は見積をとることをおすすめします。
この場合、費用が高すぎる業者はもちろん、安すぎる業者も注意が必要です。
コストをかけない業者は、手抜き工事を行うケースが多いからです。

② 資格を持っているか

一級塗装技能士の資格や塗装工事業の許可を得ているかを確認します。
実は、塗装業は資格・認可がなくても開業することが可能ですが、しっかり勉強して経験を積んでいるかどうかは、この資格のあるなしでわかります。

③ アフターフォローがあるかどうか

やはり大きなお金が動くものですので、ミスやトラブル時の保障やアフターフォローがしっかりしているかどうかは大きなポイントになります。
工事後のどれくらいの期間が保証対象になるのか、トラブルがあった時にどう補償してくれるのかなどを確認しておきましょう。

残念ながら、数ある塗装業者の中には悪徳業者も存在していることが確認されています。
どれだけよい塗料を使っていたとしても、肝心の技術力が伴っていなかったり、法外な工事不要がかかってしまったりすると、それは工事の成功とはいえません。
信頼できる業者に出会うことが、木材塗装の成功の近道につながります

こうなると、DIYでやるべきかと思うかもしれません。
しかし、木材の塗装は意外に奥が深く、専門知識が必要になってきます。
どのような塗料を使うべきか、どの道具で塗装すべきかなど、経験がものをいうことも多々あります。
木部塗装はDIYでも可能ではありますが、施工に必要な道具・塗料をすべてそろえるとそれなりのコストになってしまいます。
しかし、優良業者に出会えれば、長い耐久年数を誇る工事が実施できますし、ビジュアル的にも満足のいく仕上がりになることでしょう。
ケースにもよりますが、プロに任せる方がリスクは少ないと思われます。

木材塗装の損傷の放置は、素材そのものだけでなく住宅の寿命を縮めてしまうことになりますので、早めの対応が必要です。

なので、損傷などのトラブルにすぐに対応してもらえるような信頼できる業者を作っておくことによって、家の耐用年数は大きく変わってきます。

関連イベント