columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 外壁塗装の色で失敗しない方法!!そのメカニズムを紹介!

外壁塗装の色で失敗しない方法!!そのメカニズムを紹介!

外壁塗装にとって大切なのは、業者選びだけではありません。どのような色の塗装にするのかは、塗装の成功のカギを握っています。優良業者を見つけ出し、見積書が提出され、いざ塗装工事スタートというタイミングでも、どのような色にするかは迷うところです。

これまでと同じような色にするのか、それとも大きく変えるのか…期待と不安が入り混じりながら色選びを進めることになりますが、色の選択を失敗すると定期メンテナンスの目安となる10年間は我慢することになります。そこで今回は、どのように色を選べば成功するのか、その方法を紹介していきます。

 

外壁塗装で成功する色選び

 

まずは、色を選ぶ時の注意点と基本的な知識を頭に入れておきましょう。一番大事なのは、色見本やカラーコーディネートサイトではなく、実際の住宅で試験塗り(試し塗り)をしてもらうことです。色を決めたら、実際の外壁に塗ってもらうことで色のイメージが広がります。もちろん、大きなスペースには塗ることはできませんが、色見本で見るよりは遥かにイメージが膨らむことでしょう。

ちなみに、この試験塗りは一部の業者でしか扱っていませんので、話し合いを進めていく中で試験塗りができるかどうかを尋ねてみましょう。この試験塗りができれば、色選びのミスの確率は大幅に下がると思われます。

この試験塗りは、大きなスペースにはできないとはいえ1㎡以上は塗ってもらうことになります。試験塗りをした際には、塗った直後だけではなく、晴れの日・雨に日・昼間・夜間の時間帯を網羅してチェックすることをおすすめします。晴れの日はいい感じだったのに、雨の日だと暗すぎる…などということがないように、細かくチェックしましょう。

 

白や黒は汚れが目立ちやすいので不向き

では、具体的にはどのような色が外壁塗装に向いているのでしょうか。まず、クリームのように少し色がついているものではなく、真っ白や真っ黒な外壁は汚れが目立つリスクが高いので外壁には向いていません。確かに、真っ白や真っ黒の外壁は汚れが付いていない場合は非常にきれいな仕上がりとなりますが、汚れが目立ちはじめると実際の年数よりも古びた印象を与えかねません。住宅の外壁は経年劣化とともに汚れがつくことは避けられないので、真っ白や真っ黒のような汚れが目立つ色を避けることをおすすめします。

ガルバリウム鋼板のような窯業系サイディングボードや金属系のサイディングボードは真っ黒のイメージがあるかもしれませんが、実はこれらも細かい傷がつくと白く目立ってしまいます。また、真っ黒は見た目的に少し重さを感じさせてしまうこともあり、避ける依頼者が多いように思われます。それでも、真っ白や真っ黒に挑戦したいという場合は、業者と綿密に話し合いを行い、リスクを承知したうえで工事を進めましょう。

 

原色系は経年劣化が目立つ

 

では、赤や青などが原色の場合はどうでしょうか。原色の特徴は色が濃いことにあるので、経年劣化によって色が薄れていくのが顕著に現れます。経年劣化で色が薄くなってしまうと、古びた印象を与えてしまいます。そのため、外壁に原色を塗る場合も業者との綿密な打ち合わせが必要です。

経年劣化を感じさせないように定期的に適切なメンテナンスを行うことで、クリアできる問題ではありますが、それなりのコストがかかることは覚悟しなければなりません。そのため、一度塗装工事をして終わり、というのではなく末永くお付き合いができそうな塗装業者を見つけることもポイントになります。

塗装の業者を選ぶならこちら!!!

周りの景観にも配慮を忘れずに

 

真っ白や真っ黒、原色の外壁は個性的です。しかし、個性的すぎるがゆえに、周りの街並みに馴染まない可能性もあります。そのため、周りの家の色を参考にしながら、調和の取れる色を選ぶことも大切です。個性は大切ではありますが、周りの家がクリーム系や暖色系が多い中、自分の家だけ青の原色では完全に“浮いて”しまいます。このことで、周囲からあまり良い評判が立たないことはトラブルにつながる可能性があるので、街並みとの調和もしっかりと考えるようにしましょう。

 

複数の色を使う場合の注意点

 

このように街並みに合わせた色にするとして、外壁に複数の色を使うことは可能なのでしょうか。このケースでは、「調和が取れた同系色」もしくは「彩度が近い色」であればリスクは少なくなります。もちろん、外壁は単色にすることが無難ではありますが、少しは個性を出したいということで複数の色を使った外壁も見受けられます。ツートンカラーの家の場合ですと、「青」と「赤」のように正反対ともいえる色をセレクトすることは避けるべきです。

これでは個性を通り越して嫌味な派手な印象になってしまうからです。また、色の境目にアクセントカラーとしてラインを入れる場合があります。このケースでは、一番と総面積が多い色を「ベースカラー」、もう一色を「アソートカラー」、ラインで使う差し色を「アクセントカラー」と呼びますが、どの色も同系統の色を選ぶことでバランスを取っていきます。

これ以上色を増やすと統一感のない家になってしまい、バランスも悪く街並みにも調和しません。ツートンカラーで外壁塗装を行う場合には、色選びも重要になりますが、ツートンカラーの施工事例を豊富に持っている業者を探し出すこともポイントになります。

 

色見本の見方・活用方法

本来は試験塗りをするのが一番イメージは湧きやすいのですが、実際に試験塗りまでするとなるとスケジュールも手間もかかってしまいます。そのため、一般的には色見本(カラーサンプル)を使って色を決めることになります。塗装業者が持っている色見本は、日本塗料工業会が発行している色見本帳です。この見本帳には、色と色票番号が書かれた小さな紙が束ねられているのですが、発行された「年度」と「版記号」によって色が微妙に違うので注意しましょう。

これは、年度によって新色が出ていたり顔料や系統が違っていたりすることがあるためで、ある光源下では同じ色に見えても別の光源下では違う色に見える「メタメリズム」という現象が起きるからです。例えば、太陽光の下では同じ色に見える2枚の色見本が、蛍光灯の下で見ると色が違う現象です。また、日本塗料工業会が発行している色見本には、外壁の色としてふさわしくない色も含まれていますので、事前に業者に避けるべき色を教えてもらうのが良いでしょう。

色見本の見方ですが、マンセル値という数字に注目します。これは色を「明度」「彩度」「色相」という色の三要素を数値で表現しているものですが、この数値と色見本の色票番号(色そのものの番号)を間違って発注してしまう事例があるようです。ここで間違ってしまうと全然違う色で塗装することになってしまいますので、発注の際は業者と一緒に色見本を見ながら決めていくことをおすすめします。

 

その色決めの際には、塗料メーカーのサンプルを見ながら行うという方法もあります。塗料メーカーのサンプルは、基本的に最新のトレンドを反映していますので、色見本よりも参考になる場合があります。大手塗料メーカーは必ずカラーサンプルを作成していますので、色決めのタイミングでは業者に持ってきてもらうようにしましょう。色見本であらかたの色を決めて、大手塗料メーカーのサンプルで最終決定をするというのも良いでしょう。

 

外壁塗装を失敗しないポイント

 

良い色選びをするために、優良業者探しからスタートします。そのためには、複数の業者に見積をとる「相見積」が重要です。相見積はコストや相場観を確認するために必要なものですが、この際にどのような塗料でどのような色が良いかも提案してくれる業者もいます。そのような業者は、街並みとの調和も考え提案してくれるはずですので、ポイントが高いです。

街並みとの調和とは、周りの風景に溶け込む色を採用するということです。周りの住宅の外壁の色はもちろん、自然が多いかどうか、ビルや病院のような特殊な建物が多いかどうかなどを総合的に判断して決めていきます。周りの風景に溶け込まない個性的すぎる外壁にした場合は、いわゆる“悪目立ち”という状態になってしまい、隣家にも良い印象を与えません。

ポイントになるのは、自然の色よりも目立たず自然を引き立たせるような色で、親しみやすく控えめな鮮やかさを演出できる色を選ぶことです。先述の通り、真っ黒な外壁は見た人に威圧感を与えてしまいますし、真っ白な外壁はすぐに汚れが目立ち古びた印象になってしまいます。

これは、外壁塗装工事をするまえに周囲を散歩しながら「こういう色だとうまく調和するな」「こういう色は目立ちすぎるな」などを意識することが大切です。その中で、明らかに景観と合わない色の家が合ったら、その色は避けるべきです。

 

そして、塗装の定期メンテナンスの目安は10年ですので、10年間汚れが目立たなそうな色を選ぶことも大切です。この部分に関しては、塗料の発展によりかなり汚れに強い塗料が増えていますが、それでも真っ白や真っ黒はなかなか汚れが目立ってしまいますので、業者と相談しながら決めていくようにしましょう。

 

中塗り後に見え方を確認する

 

実際に工事が始まってからは、どのようにチェックしていけば良いのでしょうか。外壁塗装の基本は三度塗り(前塗り・中塗り・仕上げ)ですので、中塗りを終えた後に飛散防止用のメッシュシートを外してもらって確認するという方法があります。これは、業者によって対応が違うと思われますが、途中経過を見ておくと安心できます。

もしこの時に、イメージと大きく異なる場合はまだ軌道修正がききます。最後の仕上げの塗料を変えることで修正が可能ですが、中塗りの色と全然違う色にする場合は仕上がりのイメージが違ってくる可能性があるので注意が必要です。

この方法は、メッシュシートを外してまた付け直す手間賃がかかりますのでコスト的には割高になってしまいますが、絶対に後悔したくないという場合はお願いしてみましょう。この方法を行う場合は、工事前に伝えておくことをおすすめします。

前塗り・中塗り・下塗りの重要性とは??詳しくはこちら!!

付帯部の色はどうすれば良い?

 

外壁の色が決まった後は、付帯部分の色も決めなければなりません。付帯部分とは、外壁・屋根以外の部分である軒天や雨樋・破風板・鼻隠し・ひさしなどです。この部分の塗装については、外壁や屋根のように目立つわけではないのであまり重視されないのですが、この付帯部の色を個性的にし過ぎると統一感や調和がうまく取れなくなるの注意が必要です。

では、それぞれどのような色にすれば良いのでしょうか。まず軒天は、白もしくは外壁よりも薄めの色にするのが一般的です。影にある箇所なので濃く見えがちなため、薄い色にしておくのが一般的です。そもそも外壁自体が街並みとの調和を図るために薄めの色が推奨されていますので、周りとの調和の為)、軒天の色はそれよりも薄い色にしましょう。

中には、屋根が黒で軒天・破風板・鼻隠しすべてを真っ黒にしている家もありますが、この場合、全部が黒くなってしまい立体感が損なわれます。他の箇所よりも暗く見える事を考慮すると、明るく薄い色にしておくのが無難でしょう。

 

雨樋についてアクセントとして個性的な色にしている家もありますが、無難なのは外壁と同じ色にしておくことです。やはり同系統の色にしておくと安定感がありますし、調和が乱れることがありません。ただ、外壁が真っ白で雨樋も真っ白ですと、汚れの目立ち方がさらに激しくなってしまうので注意が必要です。庇については屋根と一体のようなものですので、屋根と同じ色で統一した方がバランスが良いでしょう。その他の色を使うとすれば、サッシの色に合わせるという方法もあります。

 

このように、外壁の色選びは自身の好みだけではなく、街並み全体や隣家の家との調和を取ることが重要です。そのためには、依頼者の希望を考慮しつつ、周囲との調和を考えて適切な色を提案できる業者の存在が大切です。その業者探しはなかなか難しいかもしれませんが、相見積を利用して複数の業者と話してみるのが良いでしょう。その中で、一番親身になって相談に乗ってくれる業者で、実績豊富で適切なコストを出してくれる業者に工事をお願いしましょう。塗装工事の成功のカギは、色選びと業者選びの両方が握っています。

関連イベント