columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 外壁塗装を行うベストなタイミングとは?

外壁塗装を行うベストなタイミングとは?

毎日外壁に異常がないかをチェックすることはなかなかないとは思いますが、外壁の塗装は完成時をピークに少しずつ劣化していっています。
紫外線、雨、風といった自然現象を毎日直面しているので、どんなに丈夫な塗膜を作ったとしても劣化は避けられません。
一般的に、外壁塗装の目安は「築10年」くらいといわれていますが住宅のある場所の気候や日当たりなどにより、多少前後します。
もちろん、外壁が汚くなって気になる、ひび割れができてしまったなど、築年数に関係なく塗装が必要になることもあります。

そこで今回は、外壁塗装のタイミングについて紹介していきます

外壁塗装の理想的な塗り替え時期

外壁塗装はなぜ必要なのでしょうか。
一戸建てやマンション、アパートなど建物の種類を問わず、外壁塗装は行うものです。
この塗装を行う理由は、外壁に使う素材に高い耐久性を持たせることによって、建物自体の耐久性をもアップさせるためです。
しかしながら、一度塗装をしたらずっと効果が保たれるものではなく、塗装完成時をピークにして劣化が始まります。
塗料によって寿命は違いますが、そのまま放置しておくと塗装がすべて剥がれて耐久性・美観が損なわれることになります。

目安になるのは「築10年」

外壁塗装の塗り替え時期は「築10年」といわれています。
一般的に日本の住宅の平均寿命はおよそ30年といわれていますが、塗装の寿命は建物自体よりも短いことから、ずっと住宅を保とうとするのであれば数回塗装が必要になります。
最近は塗料の技術も発達し、寿命が長い塗料も販売されていますが、建物の一生のうち何度かは塗装を経験することになります。
塗装を行うことで、住宅の美観の維持や耐久性の維持につながるのです。

なぜ外壁を塗り替えなければいけないのか


塗装の寿命が終わっているにも関わらず塗装を施さない場合、住宅は急激に痛み始めます。
住宅は、塗膜によって守られている部分が多く、塗膜が機能しなくなると、外壁の素材がむき出しになってしあい、自然環境に直接晒されることから劣化のリスクが高まってしまいます。
そのため、外壁塗装を施す理由は以下のようなものになります。
●補強することで劣化スピードを遅くする
外壁には常に自然環境という負担がかかっています。
そのため、皆様が思っている以上に劣化の進行速度は早いのです。
塗膜が剥がれて素材がむき出しになってしまってからでは塗装タイミングとしては遅すぎます。
劣化が進みすぎていると、塗装工事の費用も大きくなってしまいますので、早めに外壁塗装をすることが結果的にコストダウンにつながります。
劣化がひどくなってからではなく、劣化がひどくなる前に塗装することが大切です。

●雨漏りのような水の浸入を防ぐ
雨漏りが起こっているということは、屋根や外壁から雨水が浸入していることを意味します。
雨漏りが起こるほどの傷があるのであれば、すぐに塗装をして水の浸入を防ぐ必要があります。

●コストパフォーマンスのダウン
外壁の劣化が進んでから塗装工事をする場合、塗装する箇所も広範囲になり、工期も長くかかってしまいます。
そのためどうしても費用は高くついてしまいます。
しかし、定期的に塗装工事を行うことで、結果的にコストパフォーマンスが良くなるケースがほとんどです。

外壁塗装の塗り替え時期のサイン

では、外壁塗装の劣化はどのように起こるのでしょうか。
まずは、艶が落ちるところから始まります。
なので、「艶が落ちる=機能の低下の始まり」と考えてよいので、艶のない部分が目立ってきた時が塗装のタイミングと考えて良いでしょう。
そして、変色が起こっている時も塗装タイミングのサインです。
高圧洗浄機などで汚れが落ちて元通りの色に戻れば問題ないですが、いくら洗っても変色したままの時は塗装した方が良いでしょう。

そして、古い家によく見られる現象がチョーキングです。
これは、表面が粉っぽくチョーク状になってしまうことで、まさに外壁にチョークの粉が付いているような状態を指します。
紫外線や雨・風などが原因で塗膜が劣化しチョーキングの現象が起こるのですが、この状態を放置しておくとひび割れに発展したりカビが生えてしまったりと、外壁のダメージを増長してしまうことになります。
ひび割れやカビは住宅自体の劣化スピードを速める要因になるので、早急な対応が必要です。

また、塗膜が剥がれる状態まで進んでいる場合はすぐに塗装工事が必要です。
塗膜が剥がれてしまうということは、外壁素材に直接ダメージが蓄積することになります。
なので、最悪の場合下地素材自体を交換する必要もあります。
交換まで行かなくとも、素材の下地処理に余分な費用がかかるケースが多いので、費用が膨大になってしまうことがあります。
また、外壁のみならず基礎の木材や鉄材は自然環境に晒されると劣化のスピードが通常より早く進むため、さらに余計な出費がかさむことも考えられます。
このような点からも、塗装工事は早めに行うことをおすすめします。

塗り替え時期の目安

外壁塗装の目安は「10年」とはいうものの、素材によって若干の違いがあります。具体的には、以下のようになります。

●外壁塗装の場合
吹き付け…6~10年 サイディング・ALCパネル…10年

●屋根の場合
カラートタン…5~8年 スレート(コロニアル)…10年

このように、一口に塗装によっても箇所や素材によって雨風にさらされる頻度や素材の特性によって塗装を行う適正時期は異なってきます。

●塗装の種類と耐用年数・予算の目安
1階床面積60~100㎡の標準的な2階建て一戸建て住宅の場合で計算すると、以下のようになります。
・アクリル樹脂系…耐用年数: 5~ 8年、予算: 60万円~110万円ほど
・ウレタン樹脂系…耐用年数: 6~10年、予算: 75万円~125万円ほど
・シリコン樹脂系…耐用年数: 8~15年、予算: 85万円~140万円ほど
・  フッ素  …耐用年数:12~20年、予算:150万円~250万円ほど

このように見ていくと、美観目的の塗装工事としては50万円~100万円、住宅の維持に関する塗装工事としては100万円~150万円の予算で考えておくと良いでしょう。
ちなみに、紫外線が多く当たる南側と日陰になる時間が長い北側とでは、塗装の劣化スピードはかなり変わります。
そのため、外壁の素材や塗料の耐用年数だけでなく、環境を考慮して塗装タイミングを決めることをおすすめします。

塗り替えができないタイミングがある

外壁塗装は一年中できるものではあるのですが、塗装工事が出来ない条件というのがあります。
それは、「気温が5度以下」の時と「湿度が85%以上の時」です。
この環境下で塗装工事を行うと、塗装工事の工程で重要な「乾燥」が十分にできません。乾燥が十分でないと、工事後に塗装の剥がれが起こったり耐用年数を満たさない年数で劣化が始まったりしてしまいます。
そのため、北海道・東北などの豪雪地帯の冬や湿度が高くなる梅雨時期は塗装工事には向いないので、なるべく時期をずらすことをおすすめします。

塗装に適した季節と不向きな季節

塗装業者によりますが、はっきりと「真冬は塗装工事に向かない」と打ち出している業者もいれば、「温度・湿度の条件さえ守れば一年中どの時期でも塗装はできる」と打ち出している業者に分かれています。
また、「塗装工事中は窓を閉め切ることを考えると、真夏は依頼主にとって大変」と考えている業者もいます。

このようなことを総合的に考えると、春と秋は窓を閉め切っていたとしても不便になることは少なく、依頼主も業者もストレスがかかりにくい状況で塗装工事が進められます。
梅雨時期や真冬は、乾燥時間を十分に取るために工期が延びる可能性がありますが、工期が延びるということは人件費などのコストがかかるということですので、緊急事態でない限り避けた方が良いタイミングと考えられます。

優良な外壁塗装業者に出会うには


塗装業者は全国各地に沢山ありますが、残念ながらすべての業者が優良とは限らないのが現状です。
とはいえ、優良業者をどのように探し出せばよいのかもなかなか難しいところですので、優良業者だと考えられるポイントを紹介しましょう。

まずは、施工事例を見せてくれる(もしくはホームページなどに記載している)業者です。
過去の施工事例を見せてくれるということは、その施工に自信を持っていることの証明です。
また、どの施工を得意としているのかもチェックポイントになります。
実は、リフォーム会社の中にも得手不得手があって、内装インテリアは得意でも塗装が苦手という業者も中にはいますので注意が必要です。
また、地域密着型で長く営業している業者もポイントは高いです。
なぜなら、地域密着で経営していくには良い口コミが必須だからです。
地域で悪い評判が立ってしまえば、長続きすることは、できません。

そして、工事方法や塗料の種類・料金などを詳しくわかりやすく説明してくれて、アフターケアも万全であることが確認できることも注目ポイントです。
外壁や塗料は専門的な分野ですので、一般の人ではなかなかわからないものです。
そこで不安や疑問を解消してくれるような説明をしてくれる会社は、お客さまファーストで業務に向き合っていると判断してよいでしょう。

外壁塗装業者を選ぶ際にしておきたいこと

先述のような観点で優良業者を探し出すわけですが、ここからは具体的な探し方を紹介していきます。
まず必ずやっておきたいことは、複数の業者に見積を取ることです。
これを「相見積」と呼びますが、この相見積をすることで行いたい塗装工事の相場が分かります。
例えば、同じ工事条件においてA社が150万円、B社が50万円、C社が120万円という見積を出してきたとします。
この場合、B社に決めたくなりますが、ほかの2社と比較して極端に安いということは、相場からかなり外れていることが分かります。
このような業者は、手抜き工事などの金額が格段に安いそれなりの理由が存在している可能性が高いので候補から外します。
残るA社とC社は近い金額を出してきていることから、この工事の相場が大体120~150万円であることが分かります。
この2社に候補を絞り、塗料の質や工期、アフターサービスなどを比較して決めましょう。
このようなことを考慮すると、訪問営業に来た会社と即契約するのは危険極まりないことがわかります。
営業トークを駆使して不安を煽り、契約を急かすのが訪問営業のやり方ですが、そのほとんどが悪徳業者と考えて良いでしょう。
本当にお客さまファーストの会社であれば、契約を急かすことはまずありません。

もう1点注意したいのが、サービス工事・モニター募集というものです。
業者から「今、この塗料のモニターを募集しているので安くしますよ」というようなサービス工事の申し出を受けた時は注意が必要です。
実は、モニター価格にして差し引いた分はどこかの額に上乗せされていることがほとんどですので、結果的に大きなサービスにはなっていません。
また、塗装価格のサービスの場合ですと、通常「下塗り・中塗り・上塗り」と3回塗るのですが、その中のひとつの工程が飛ばされるなど手抜き工事を行われる可能性もあります。
そのため、どのような工事をするのかをしっかり確認することが大切です。

塗装工事は一人で決めない

装工事というのは小さい工事であっても決して少なくない金額が発生します。
しかし、人生において何回も経験するものではないので普通に生活する中では塗装を行う時期や優良業者などに対して十分な知識を持つことは非常に難しいでしょう。

もちろんそのために自分で調べるのも大切ですが、塗装に詳しい専門業者の方や塗装工事を経験した周囲の人の意見を求めることも大切です。
なぜならば悪徳業者の被害にあってしまった、工事の内容にあとから不満を持ってしまう原因にはその場で、自分一人で決めてしまったため、などの理由が少なくありません。
優良塗装業者であればお客様に対して塗装の素材ごとの特徴や今行うべきかどうかまで経験から意見をもらうことができるでしょう。

また、周囲に塗装を行ったことのある方がいましたら、ぜひともお話を聞いてみましょう。
そういった方に話を聞く1番のメリットは自分が工事をしたときの業者を紹介してもらえる可能性がある、ということです。
知っている人で確実な施工実績があるので紹介された業者はいい業者であると考えることができます。
そのほか、「~を気にしておけばよかった」「~がこんなにかかるとは」などといった支払う側目線の話も聞けるかもしれません。

まとめると、塗装は時期や工事方法、工事業者まで決して安くない金額のお金が動くのに知識を得る機会がとても難しいです。
なので、この記事に書いてあることや、直接優良業者を見つけて塗装時期見定めることが建物の寿命を延ばす塗装の成功への1番の道になるのです。

どのタイミングがベストな塗装時期?【大阪編】

塗装をお考えの型必見!「木材の外壁塗装」について徹底解説!

関連イベント