columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 外壁塗装工事の養生で気をつけるべきこと

外壁塗装工事の養生で気をつけるべきこと

養生といえば、引っ越しの作業の際に建物に傷がつかないよう段ボールを敷いたり、柱やエレベーターに布を巻きつけたりするものですが、外壁塗装工事における養生も同様の目的で行います。ただ違うのは、引っ越し作業よりも規模の大きい養生となること。その養生で気を付けるべき点をまとめました。

養生とは何か

養生とは、建築現場では欠かせない作業工程のひとつで、建物(近隣を含む)の保護を目的として、家屋をネットやシートで覆うことをいいます。塗装工事の前に行い納品時にはすべて撤去するので、工事の最初と最後は養生に関する作業となります。

その養生の目的は、塗料の飛散を防ぐことです。塗料は若干粘り気のあるものもありますが基本的には液体なので、飛散する可能性はありますし、塗る必要のない部分まで塗ってしまうこともないわけではありません。そのため、外壁塗装をする際には養生をすることは必須となっています。

飛散防止ネットで家全体を覆い飛散を防止

外壁塗装では、2種類の工法を主に採用しています。ひとつは、刷毛やローラーを使う「手塗り」で、もうひとつはスプレーガンで噴射する「吹き付け」です。特に後者の吹き付けについては依頼主の家屋だけでなく近隣にも飛散しやすいので、事前に飛散防止ネットで家全体を覆ってから塗装をスタートします。

飛散防止ネットは家全体を覆いますが、それは近隣に対する塗料の飛散を防止してトラブルにならないようにするためです。では、依頼主自身の家に対しては塗装をしない箇所すべてに養生を施すことになります。これは、塗る必要がない部分にまで塗料が飛散しないようにするためです。

実は、塗装工事中に窓ガラスや自動車、カーポートなどに塗料が飛散する可能性はゼロではありません。そのため、業者はその住宅の状況・環境に合わせた適切な養生を施します。自動車やカーポート、植木を覆うための養生や、ベランダや窓枠には塗料が住宅内部に浸入しないようにするための養生などを施し、塗料の飛散を防止します。

このように、養生をすると基本的に窓は塞がれた状態になります。塗装中は窓を閉めておくのが原則ですが、数日間は開けることができなくなるため、夏場は暑苦しさを感じるかもしれません。どうしても開けておきたい窓・開けておかなければならない窓がある場合は、事前に業者に相談しておくことをおすすめします。

また、エアコンの使用は業者次第です。室外機もシートで被うことになりますが、特殊なメッシュシートを使用して塗料の臭いの浸入を軽減させることもできますので、業者と相談しながらどのような養生にするのか決めていきましょう。

養生をバラす時には立ち会おう

この養生を撤去することを「養生バラシ」と呼んでいます。家全体を覆うシートを外すので、足場を使って作業をするわけですが、この時に住宅に傷がつくなどの作業ミスが起きていないかどうかを確認するためにも作業に立ち会うことをおすすめします。もし、作業に立ち会えない場合は養生の撤去前・撤去後の写真を撮影してもらいましょう。これを拒む業者がいるとしたら、かなり乱暴な作業をされるかもしれませんので注意が必要です。

養生に使用する道具の種類と特徴

業者が養生を施す時には様々な道具を使い分けます。主に使用される道具は以下の通りです。

養生用ポリシート・マスキングテープ
窓枠の養生によく使用される養生用ポリシートは、マスキングテープとセットで使用します。一般的なビニールよりも大きい養生用ポリシートと、布テープより粘着力の弱いマスキングテープで、窓枠からの塗料の住宅内部への浸入を防止します。

マスカー
養生用ポリシートとマスキングテープの機能が合体した製品で、マスキングテープのように貼るだけで、覆う機能も付加されます。「ノンスリップマスカー」というマスカーに滑り止め機能がついたタイプのものもあり、職人の足元が滑らないようにします。

ブルーシート・布カバー
足元の養生では、ノンスリップマスカー以外にブルーシートや布カバーを使う場合もあります。ブルーシートには滑り止め機能はついていませんが、布カバーは滑りにくくなっています。共に長尺で幅広なので広い範囲の養生の時に活用します。

カーカバー・室外機カバー
自動車用のカーカバーは、厚手から薄手のタイプまで様々です。エアコンの室外機用のカバーは、メッシュ機能を持つ特殊タイプのほかマスカーで作るオリジナルタイプもあります。

飛散防止ネット
家全体を覆うメッシュシートのことで、足場の設置と同時に施されます。メッシュ状になっているので、通気性が高く風の影響も考慮して設置します。ずっしりとした重みがあるので簡単には飛ばされません。

養生におけるそのほかのポイント

養生の相場は、飛散防止ネットで1平方メートルあたり200~400円程度、塗らない場所の養生で300~500円程度となっています。これを坪単価に換算すると、1坪(約3.3平方メートル)あたりそれぞれ約660~1320円、約1000~1650円程度になりますので、一般的な住宅(30坪換算)ですと49800~89100円といったところでしょうか。外壁塗装工事の中では安価なものといえます。

このように養生を行ってから塗装をすることになりますが、業者が細心の注意を払って施工したとしても、塗料が飛散してしまう場合がないわけではありません。その時は、剥離材と呼ばれる専用の製品を使って塗料を剥がすのが一般的です。

しかしながら、この剥離剤を使用するにはちょっとした手順が必要なことから、DIY感覚で使用することはやめた方が良いでしょう。塗装工事が終わった後に塗料の飛散を発見した時は、すぐに業者に報告して即時対応を依頼しましょう。

また、自動車や近隣に塗料の飛散の被害が及んでしまった場合は、保険が適用されるケースもありますので、外壁塗装工事を依頼する前に業者が「請負業者賠償責任保険」に加入しているかどうかをチェックしておきましょう。

養生シートを見ればわかる業者の質と職人のレベル

実は、養生シートを見ればその業者の質と職人のレベルがわかるといいます。打ち合わせや現地調査の際に以下のポイントを質問して、その業者に依頼するかどうかの判断基準の参考にしましょう。

破損したシートを使い続ける業者は避ける
破損したままの養生シートを使用し続けている業者は、安全管理が行き届いていない業者と考えられますので避けるべきです。養生シートは消耗が激しい備品であることは事実ですので、少しでも長く使いたいというのが業者の本音ではありますが、破損したものを使い続けることは機能の低下はもちろん事故を誘発する可能性があります。

例えば、破損した部分に解体した瓦礫や資材が引っかかって、職人がケガをするなどの大事故につながりかねません。また、破けている箇所から塗料が飛散してしまいますので、近隣に迷惑をかけるリスクも高くなってしまいます。そうなると、後々のトラブルやクレームにつながってしまいます。

また、常に新品の養生シートばかり使っている業者はすぐに破損させてしまっている可能性がありますので、シートの扱いや仕事の仕方が乱暴な業者かもしれません。新しい養生シートばかり使用している業者には、なぜ新しいものばかりを使用しているのか質問してみても良いかもしれません。

古くても破損していないシートを使い続ける業者を選ぶ
古くても破損させずに丁寧に養生シートを使用し続けている業者は、技術が高く備品を大切に扱っていると考えられます。養生を破損せずに作業ができるということは、職人の腕が良いという証明でもあります。

シート自体は塗料の飛散防止のために使用しているので汚れているのは当然のことなので、特に気にする必要はありません。破損しているか、していないのかがポイントになります。丁寧な仕事ができる職人をそろえている業者は、トラブルやクレームになることが少ないですし、万が一トラブルが起きたとしても誠実に対応してくれる可能性が高くなります。

社名がプリントされた養生シートを使用している業者を選ぶ
養生シートに会社名がプリントされている業者は、消耗品である養生シートにもお金をかけているということなので、多くの工事を受注して営業利益をしっかり確保していると考えられます。そのような部分にお金を掛けられる業者は、職人のレベルが高く新人の職人の育成がしっかりできる仕組みを整えているものです。外壁塗装工事において、豊富な実績という“経験値”は大きなポイントで、やはりこの“経験値”が高い業者には安心して工事を任せられます。

業者に関してはこちら!!!! 

外壁塗装の保証内容をチェックしておこう

外壁塗装工事を依頼する際に、施工後の保証がどうなっているのかもチェックしておいた方が良いでしょう。外壁塗装工事後の保証内容は、業者及びその業者が加入している団体によって違いますので、一概に決まっているものではありません。そこで、塗装工事の契約前に保証書を発行してもらい、必ずチェックしておくことをおすすめします。保証書を確認してわからない点は施工業者に確認しておきましょう。

外壁塗装の保証の種類

外壁塗装工事の保証は、以下の2種類に分類されます。

自社保証
その名の通り、外壁塗装業者が自社で保証するものです。「独自保証」「オリジナル保証」という呼び方をすることもあります。定期的に外壁の様子をチェックしてくれたり補修が必要かどうかのアフターフォローをしてくれたりする地域密着型の業者もいますし、自社保証を謳っていてもほとんど何もしない悪徳業者もいますので、事前に補償内容をチェックしておきましょう。

団体・組合保証(第三者保証)
外壁塗装業者が加盟している団体・組合の保証制度を利用する仕組みで、万が一工事を施工した外壁塗装業者が倒産してしまっても、その業者が加盟していた団体・組合が保証してくれるというものです。

依頼主にとっては安全な制度で、組合・団体保証は外壁塗装業者の施工内容を第三者機関がチェックしてから保証書を発行していますので、一定の品質を保った施工を受けられるというメリットもあります。この団体・組合保証を行っている団体・組合は多数ありますので、施工業者にどの団体・組合に加盟しているかを確認しておきましょう。

重要なのは「保証の範囲」

外壁塗装工事の保証において重要なのは、どの部分を保証してくれるのか、どのような状態を保証してくれるのか、何年に渡って保証してくれるのかといった「保証の範囲」です。保証の部分に関しては、壁の塗装のみに限定されているケースがほとんどです。これは、外壁から塗料が剥がれ落ちることはほとんどないからです。

塗料が剥がれ落ちる不具合が発生するとすれば木部や金属部が多いことから、それらの保証が入っている保証は良い保証だと考えられます。塗装の状態についても、塗膜の剥がれのみを保証するものがほとんどです。というのも、外壁は直射日光など自然条件による多少の変色は避けられないので、色の変化は保証の対象外となってしまいます。

このように、外壁塗装の保証は塗膜の剥がれに適用されるのですが、そのほかにはどのような不具合に対応してくれるのかは契約前に業者に確認しておきましょう。例えば、苔や藻が発生した際に保証してくれる保証もあります。しかしながら、以下のようなケースはほとんどが保証対象外になるので注意が必要です。

●天災や火災、地盤の変動などといった自然現象や不可抗力が原因の場合
(この場合は火災保険や地震保険の適用になるケースはある)
●依頼主が不適切な使用をして維持・管理を行わなかったことに原因の場合
●増築やリフォームなど外壁塗装工事以外の作業が原因の場合
●業者が反対したにも関わらず依頼主が無理な指示をしたことが原因の場合
●建物の構造上の欠陥など外壁塗装工事を行う前の欠陥が原因の場合

外壁塗装工事は、そんなに安いものではありません。それだけのコストをかけて行う外壁塗装工事ですから、施工後の保証内容もきちんと確認しどのような場合に保証を受けられるのかを確認しておくことは大切なことです。外壁塗装工事の保証については、保証期間はもちろんですが、どのような不具合を保証してくれるのかがポイントになりますので、どの業者に依頼するかの判断基準にしてみてはいかがでしょうか。

関連イベント