columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 外装塗装工事の費用っていくらくらいなの?工事にかかる費用の内訳。

外装塗装工事の費用っていくらくらいなの?工事にかかる費用の内訳。

住宅の専門的な知識というのはなかなか難しいものですが、何も知識がないまま業者に見積を依頼すると、知らないことをいいことに高い料金設定をされてしまう可能性がないわけではありません。そこで、ある程度の相場観を知ってから見積依頼をすることをおすすめします。

例えば、初めて外壁塗装をしようとしても、住宅の細かい状況などは分からずに不安に思うこともたくさんあると思います。そこで今回は、外壁塗装をする時の大体の費用はもちろん、そもそもどのように依頼すればいいのか、実際に見積を依頼した時にどの部分を注意して見ればよいのかなどのポイントを紹介していきます。

外装塗装工事を成功させるには「相場を知った上で見積を依頼する」「コストだけが判断材料ではない」「危険の察知のためにも一人で進めない」ことが大切です。

外壁塗装の相場

それでは、具体的な外壁塗装の相場を見ていきましょう。一般的な一戸建ての大きさである30坪(約119平方メートル)と想定した場合、塗料の種類によって以下の経費がかかります。

  • アクリル…50万円
  • ウレタン…60万円
  • シリコン、ラジカル…各80万円
  • フッ素…90万円

この費用の中には、塗料代のほかに施工費用が加わっています。では、費用の詳細はどのようになっているのでしょうか。

  • 足場…7万円
  • 高圧洗浄…2万5000円
  • 養生…4万円
  • 飛散防止ネット、下地補修、雑費…各2万円
  • シーリング…9万円
  • 下塗り(シーラー)…8万5千円
  • 中塗り・上塗り(シリコン系塗料の場合)…42万円

大体の目安はこのような感じですので、ここから大きくずれた見積が出てきた場合は注意が必要です。見積が高い場合はもちろんですが、安い場合も注意が必要です。というのも、あえて安い見積で工事を受注し、どんどんオプションを追加したり手抜き工事をしたりする悪徳業者がいないわけではないからです。

複数の業者から見積をもらう重要性

このような相場は、あくまで“一般的”な金額であってすべての業者に共通しているわけではありません。というのも、業者によって費用を出すための単価が違ったり、使っている素材が違ったりするため、合計金額になるとかなりの違いが出てくる場合があります。とはいえ、適切な見積を出してくれる業者を見つけることが、外壁塗装の成功への第一歩なことは間違いありません。そのためにも、相場観は身につけておいた方が安心でしょう。

上記の30坪の一般的な住宅の費用相場を押さえた上で、自宅の相場を計算して見ましょう。あくまで相場は相場でしかないため、見積とは多少のずれが発生するはずです。しかし、異常に高い・異常に安い見積は危険です。その危険を見極めるためにも、できれば複数社に見積を取る「相見積」をするのが望ましいでしょう。

例えば、同じ工事内容でもA社は100万円、B社は120万円、C社は50万円だったとします。この場合、明らかにC社が安い見積になっているので、C社は何かしらの工程を抜かした見積になっていると考えられます。というわけで、A社とB社の比較により、相場は100~120万円の工事だということがわかります。相場と近い金額の見積を出す業者というのは、スケジュール管理もしっかりなされた上で見積を出してきていると考えられますので、あとは見積の中身を見て、使う素材などを吟味して決めていきましょう。

この時、見積を受け取った業者の中から候補を選び、その業者には不明点はすぐに質問しましょう。「なぜこの箇所はこんなに高いのか」「この塗料が一番適しているのか」など不安なことはなどを質問し、わかりやすく答えてくれる業者は優良と考えられます。この際に、具体性がなかったり、面倒くさそうな態度をとられたりした時は、その業者の仕事に対する姿勢に問題がある可能性が高いので、候補から外しましょう。

どこの業者に頼んだらいいかわからない場合はこちら!!!

ネット上のシミュレーションは信じていけない?

現在、外壁塗装の費用のシミュレーションを簡単にできるサイトがありますが、このシミュレーションに頼りすぎるのはよくありません。大雑把な費用を把握するためには有益ですが、住宅の状況によっては一般的な外壁工事ではできないケースもあります。ということは、住宅の状況を把握した上でなければ、正しい見積を出すことはできないということです。

例えば、同じ30坪の建物があったとして、それらの建物の築年数や素地が違うだけで、工事の内容も変わってきてしまいます。このシミュレーションで出した金額は、あくまで目安だと考えた方が良いでしょう。しっかりと現地調査をした上で出してもらった見積の方が信用はできますが、その中にも悪徳業者がまぎれているかもしれないので、その点は注意するようにしましょう。

 

見積書における気をつけるべきポイント

では実際に現地調査をしてもらうタイミングになってからは、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。塗装工事における一番大切な部分は、いかに納得できる見積書になっているかです。見積書には工事内容・金額がすべて書かれていますので、この書類が納得のいくものでなければ、その業者には信頼して工事は任せられないでしょう。そのため、見積書の出来こそが、塗装業者を判断するポイントになります

 

見積書の内容を見ると、どんな工事をすることになるのかわかるような状態になっているはずです。というのも、一部の業者はかなり省略した見積書で細かい費用をあまり記載しないこともあるようです。例えば、「外壁塗装一式」というように詳細をカットして「一式」の一言で済ませてしまっている場合は注意が必要です。このような業者は、いい加減な工事を行う可能性が高いことから、避けることをおすすめします。見積書の内容が曖昧だったり省略されていたりする場合は、塗装工事も同じような状態に陥る可能性が高いということです。

また、面積が切りのいい数字ばかり並んでいる場合も微妙です。現地調査では、塗装をする面積をしっかり測ることで、塗料の費用を正確に割り出すことができます。しかし、面積に区切りのいい数字ばかりが並んでいるということは、現地調査をいい加減に行い、「だいたいこれくらいかな」というような形で見積を出してきている可能性があります。

優良業者であれば、小数点までしっかりと測った面積で計算してくれるので、優良業者を見分けるひとつの目安になるでしょう。塗装をする面積が正確でなければ、結果的に塗料が足りなくなったり費用がかさんだりして、余計な出費につながることも考えられます。工期が延びてしまうこともあるでしょう。このポイントについても、曖昧な数字が並んでいる見積書を提出する業者は、工事も曖昧になる可能性が高くなります。

そして、材料や塗料の種類が細かく書いてあるかも必ずチェックしましょう。何度もいいますが、見積書の内容が実際に行われる塗装工事そのものですので、どんな塗料を使ってどのような工法で行うかは見積書に細かく書かれるべき事項です。それらが詳細に書かれている業者は優良だといえますが、実際の工事現場もしっかり見ておくことをおすすめします。実は、見積書では「シリコン塗料」と書かれているのに、実際の工事では「ウレタン塗料」が使われていた、というケースもあります。シリコンの見積でウレタンを使用すると、業者としてはその差額が利益になるので、これはちょっとあくどい方法といえます。

見積書は、依頼主と業者の“約束”が書かれているものですので、本当に信頼できる業者を選ぶことが、塗装工事の成功につながります。

 

契約する際に気をつけるポイント

このようにして、納得のいく見積書を提出してくれた業者と契約をし、実際の工事に移ります。契約をしてしまうと、なかなか後戻りできなくなってしまうので、ここは慎重に行きたいところです。少しでもわからない点・不安な点は、必ず質問して解決しておきましょう。曖昧な状態で契約してしまうことは、トラブルのもとになりかねません。

契約の際には、以下のことに気をつけましょう。

  • 質問に対してわかりやすく丁寧に答えてくれるか
  • 見積書に塗料や工法も含めて詳細が記載されているか
  • 見積書の説明時に調査を行った際の報告書がついているか
  • クーリングオフの説明があるか
  • この業者を親戚や友人にも薦めたいか

この5つのポイントをクリアしている業者であれば、契約をして工事を依頼しましょう。何よりも大切なのは、依頼主が納得できるかどうかです。

契約後の支払いはどういうパターンがあるのか

塗装業者との契約の際に気になるのは、どのように業者に工事費用を支払うかです。決して安くない工事になりますので、支払については業者に確認しておきましょう。方法としては、地元の老舗であれば現金での支払いや振込などが多いようですが、最近はクレジットカードによる支払いやローンにも対応している業者も増えてきています。

塗装工事の費用を支払うタイミングですが、以下の4つが一般的です。

  • 工事前に全額支払う
  • 工事前に50%、工事後に50%の支払う
  • 工事の前に20%、工事中に30%、工事後に50%など3回に分けて支払う
  • 工事完了後に全額支払う

この中で一番注意が必要なのが、最初の工事前に全額支払うケースです。この支払いを要求する業者は、100%悪徳業者であるといっても過言ではありません。最悪の場合、お金を渡した後に逃げてしまうリスクもありますので、全額前払いを指定された場合は契約をしないことをおすすめします。

 

外壁塗装の費用に関するトラブル

塗装工事でよくあるトラブルは、急いで契約を取ろうとする業者が「今すぐ契約してくれたら工事費を半額にします」などというキャンペーン的なものです。コストが下がるなら契約したくもなりますが、大幅な値引き額を提示する業者に優良業者はいません。塗装工事には、塗料代のほか人件費や足場代など一定以上の固定費用がかかることから、そう簡単には大幅な値引きはできません。そのため、値引きをしたように見せかけて、裏側では価格の調整が行われていることがほとんどです。もしくは、スケジュールを短くすることで金額が安くても可能な手抜き工事をされてしまう可能性があります。異常な安さには必ず理由があるので、注意しましょう。

 

そして、見積は安くしておいて、その後にオプション工事をどんどん追加し、最終的には割高な工事にしようとする業者もいます。「ここも補修しておきます」「ここも塗り直ししておきます」などとサービスのように話していたのに結果的にはすべて請求される、なんていうトラブルもないわけではありません。追加で工事が発生した時には、すぐにその追加工事は見積の範囲内でやってもらえるのか確認しましょう。そうではない場合は、改めて見積を提出しても                         らうことを忘れないようにしましょう。

優良企業に見積もりを出してもらいたい!!!そんなときは!
 

塗装工事を成功させるために

外壁塗装の業界は、残念なことに建設業の中でも一番手抜きがされやすい工事といわれています。というのも、塗装工事の必須品である塗料・外壁材だけでも何十種類もあり、塗装の工法もたくさんあります。そして、足場や塗装に使う道具なども専門的なものが多いですし、業者によって自社で持っているのかレンタルしているかという違いもあります。

また、熟練の技術を持つ職人が施工するのか、入りたての職人が施工するのかなど、様々な要素が複雑に絡み合って工事を行うため、依頼主のわからないところで手を抜こうと思えばいくらでも抜ける世界なのです。そのため、依頼主が塗装に関する様々な知識を身につけておくことは重要なポイントに鳴ります。

とはいえ、塗装工事に関わる一つ一つの事項は、業者側で価格の調整を行うことができることから、業者の仕事への向き合い方次第で大きく金額が変わってしまいます。しかも、依頼主は一生のうちに何度も塗装工事を行うわけではないですし、定期的なメンテナンスと行っても10~15年置きになりますので、最新情報を手に入れようにもなかなか難しい現状があります。

そのためにも、「相見積」などで相場を知り、多くの業者と触れ合うことで優良な業者に出会える可能性が高くなります。塗装工事に関しては、焦って行うと痛い目に合うことがほとんどです。優良業者は、絶対に工事を急かすことはしませんので、焦らずゆっくり納得のいくまで話し合ってから工事を進めるようにしましょう。

関連イベント