columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 太陽光発電を設置する前に屋根塗装は必要なのか

太陽光発電を設置する前に屋根塗装は必要なのか

天然資源として、昨今注目を集めているのが太陽光発電。その太陽光発電の設備を設置しようとした時に、業者から屋根塗装も同時に施工することを提案されることがあります。太陽光発電だけでも高額の費用がかかるのに、屋根塗装の出費が増えてしまうと大変なことになってしまいます。

とはいえ、太陽光発電の設置には足場が必要になることが多く、そのタイミングで同時に屋根塗装を行うことは、合理的な考え方のように思えます。そこで今回は、太陽光発電と屋根塗装の関係性について紹介していきます。

初めてのご相談からなんでも伺います!!!

太陽光発電のメリットとデメリット

 

太陽光発電の大きなメリット、それは売電(電気を売ってお金を得る)ことと「光熱費を削減できる」ということです。実は、これら以外にも以下のようなメリットが考えられます。

 

太陽光発電のメリット

性能の向上により太陽電池がリーズナブルになってきている

災害時に停電が起こっても自家発電で賄える

経年劣化が緩やかなため寿命が長く故障することが少ない

どこにでも設置できる

補助金制度がある

曇りや雨の日でも発電できる

 

太陽光発電のデメリット

太陽光発電では、利益を最大化していくために、そして家庭の電気料金を賄っていくためには様々な問題をクリアしなければなりません。そのために重要なのは、本当に優良なメーカーや事業者に出会うことです。自分自身が太陽光発電に関してしっかりとした知識を身に付け、メーカーや事業者を見極めて慎重に事を進めていくことが感じです。では、太陽子発電に関するデメリットとしては、どのようなことが考えられるのでしょうか。

日射量によって発電量が変わる

発電量が不安定になることがある

パワーコンディショナーなどの電気機器の交換が不可欠

イニシャル(設置するための初期費用)が高い

保証期間を過ぎるとメンテナンス費用が発生する

台風や竜巻・火災など事前災害などで壊れるリスクがある

売電価格が年々下がっている

このように、メリットとデメリットが共存しているのが太陽光発電の現状です。

 

太陽光発電販売会社はどのように選べばよいのか

 

環境効果と経済効果に富むという触れ込みで登場した太陽光発電システムですが、実際のところはメリットとデメリットがあります。そのデメリットとして挙げられるのが、初期費用です。この初期費用と売電の関係性を正確にシミュレーションできるかどうかが、システム選びの中でも重要なポイントになります。このシミュレーションがあってこその見積になるのですが、外壁塗装などと同様に相見積を取ることで業者選びの参考にしましょう。

 

太陽光発電業者選びのポイント

太陽光発電を扱っている業者はそれほど多くはありませんが、やはり実績がある業者には適いません。様々な角度からシステムの提案をしてくれる業社は、実績・技術力を兼ね備えていると考えて良いと思います。

相見積を行った際に大きく金額が開いてしまった場合は、どの部分に経費がかかっているのか、ランニングコストにはどれくらい差が出るのかなどを素直に質問してみましょう。その際に、わかりやすく納得のいく説明ができる業者は、太陽光発電の何たるかを理解していると思われるので信頼できます。

昨今は、インターネットで業者の評判や口コミもすぐに出てくる時代です。すでにシステムを導入している人が、書き込みをしているかもしれませんので、一応チェックしておきましょう。「施工時の対応がわかりやすかった」「仕上げが丁寧だった」「質問に全部答えてくれた」など、顧客満足度が高い書き込みが多ければ安心です。逆に「契約を急かされた」「連絡が取れなくなってしまった」などマイナス要素の書き込みがある業者は避けるようにしましょう。

そして、大手を選ぶか地元企業を選ぶかというのもポイントですが、これは両方に良し悪しがあります。大手の会社の良いところは、倒産の可能性が少なく、全国レベルの実績を豊富に持っていることが挙げられます。しかし、担当者が異動になって情報が正しく引き継がれないリスクはあります。一方、地元企業の場合は長い間に渡って懇意になりやすいという利点があります。

 

「売電中断」の地域もあるって本当?

 

太陽光発電のメリットのひとつ、売電が一部地域で中断されました。

東北電力:50kW以上を中断対象とする

北海道電力、関西電力、四国電力、九州電力:10kW以上を中断対象とする

沖縄電力:全てを中断対象とする

東京電力、中部電力、北陸電力:中断していない

そもそも、この売電中断になるのは、中断が決定する前から売電を行っていた人は対象になりません。これから太陽光発電を始める人の契約の見送りを示唆するものですが、沖縄電力を除いた5社の中断に関しては、一般家庭では気にするものではないと考えて良いでしょう。というのも、一般家庭では10kW以上の大型の太陽光発電はほとんど行われないからです。

 

「売電する側」の問題点

太陽光発電を導入するにあたって、初期費用が何年で回収できるかなどの採算を計算して市場に参入していることから、売電できるかわからないという状況は不安感につながってしまいます。企業が10kW以上の太陽光発電システムを導入してしまった後で売電できないという状況は、企業の経営状況に大きな損失を与えてしまいます。収益回収の目途が不明瞭になってしまうことは、売電中断の大きな問題です。

 

「電力会社側」の問題点

 

一方、電力会社は消費者によって使われる電力量と生産する電力量が同じになるように調整して、需要と供給のバランスを取りながら運営しています。しかし、太陽光発電の発電量は季節・天候によってばらつきがあることから、太陽光発電の電力を扱うことで需要と供給のバランスが崩れてしまうことがあり、安定的な供給ができなくなるリスクを抱えています。そのため、売電価格は同時同量が調節できる出力制御対応機器が付いてる方が高くなるという状況です。

つまり、売電中断により損をするのは、該当地域で産業用(10kw以上)の太陽光発電を始めようとした企業や、自宅に大規模な太陽光発電システムを設置した人などです。このように、小規模(10kw以下)の太陽光発電については大きな影響がないので過剰に反応する必要はないように思われます。

 

屋根塗装をしなくてもすぐに雨漏りはしない

 

太陽光発電を設置する際には、同時に屋根塗装をすることを勧められることがあります。ここで屋根塗装について、簡単に紹介しておきましょう。屋根塗装の主目的は、雨漏り防止ではありません。雨水から住宅を守る屋根の塗装が、雨漏りの防止を目的にしていないとはどういう意味なのでしょうか。

実は、屋根は「屋根材(スレートや瓦)による一次防水」と「屋根材の下にある『防水シート』による二次防水」二重構造になっています。つまり、一次防水の役割を担っている屋根材の塗装が剥がれたとしても、防水シートが劣化していなければすぐには雨漏りはしないということになります。

 

屋根塗装の主な目的は「美観の回復」

屋根塗装が必要な代表的な屋根としてよく挙げられるのは、スレート瓦です。このスレート瓦は今の日本で最も普及している屋根材で、新築時の艶が良いことから好まれて使用されています。しかし、新築から7~8年ほど経つと表面の塗装が剥がれて、だんだんと色が薄くなってしまい、さらにスレート瓦自体に雨水が沁み込むようになります。

こうなると、日当たりが悪い部分の屋根にコケが生え、非常に古臭いイメージを与えてしまいます。また、コケがスレート瓦の隙間を覆うくらい大量に発生してしまうと、雨水が防水シートの上に溜まることになり、雨漏りにつながるリスクが高くなってしまいます。このような観点から、美観を回復し防水シートへの影響を和らげることを目的に、屋根の塗装工事を行うことになります。

 

屋根塗装によって長期的な雨漏りは防げる

 

屋根塗装の効果は、美観の保持と屋根材自体の反り・ひび割れを未然に防ぐこと、そして長期的な目線で見た防水効果です。スレート瓦が劣化するとそれ自体が水を吸うようになりますが、この乾燥と吸水を繰り返すことで、スレート瓦の劣化が早まり反ったりひび割れしたりしてしまいます。そうなると、雨水がスレート瓦を通過して防水シートに達しやすくなってしまうのです。こうなると雨漏りのリスクが高くなるので、屋根材の保護をないがしろにできないというのも正しい見解です。

 

本当は屋根塗装と一緒に外壁塗装も行うべき?

 

では、どのような場合は太陽光発電と一緒に屋根塗装をするべきなのでしょうか。以下に当てはまる場合は、設置と塗装を同時に行うことをおすすめします。

今すでにスレート瓦にコケが生えている場合

数年後にコケが生えてほしくないと考えている場合

太陽光発電の設置に足場が必要な場合

新築から10年前後経過し一回も屋根塗装をしていない場合

 

太陽光発電の設置に足場な場合は、屋根の勾配にも関係してくるので、業者とよく相談をして決めましょう。一方、以下のようなケースは屋根の塗装をしなくても良いかもしれません。

 

すでに太陽光発電を設置しているため屋根の劣化が遅い場合

屋根にまだ艶がある場合

美観は気にしておらずコケがそれほどついていない場合

そもそも塗装が不要な和瓦や洋瓦を使用している場合

 

太陽光発電を設置すると、パネルの下に紫外線が当たらないので屋根材の劣化は遅れます。そのため、パネルを設置す

る面にしか屋根がない家は、塗装する必要がありません。しかし、パネルを設置しただけで屋根材がすぐ割れてしまうくらい劣化している場合は、屋根材がすでに寿命を迎えている証拠です。そのままパネルを設置しようとすると、さらに屋根材が割れて防水機能を失う可能性が高く

なるので、その際は屋根材の交換が必要になることもありますので注意が必要です。

屋根材というものは、遅かれ早かれメンテナンスを行うタイミングが来ます。その際に、太陽光発電の脱着費用が別途かかってしまうのは費用のムダになってしまいます。ちなみに、一般的な戸建て住宅において太陽光発電を脱着する費用は約20~30万円くらいです。築10年以上が経過し一度も屋根塗装をしていない場合は、太陽光発電の設置と同じタイミングで屋根材の葺き替えやカバー工法で補強しておいた方が良いでしょう。

屋根のメンテナンスを10年以上していなかったということは、屋根材が寿命を迎えていても不思議ではありません。塗装したとしてもせいぜい10年くらいの延命措置にしかなりませんので、無理に太陽光発電をつけたとしても、数年後に屋根の葺き替えやカバー工法を行うことになってしまいます。また、自宅の屋根材を把握していない場合は、塗装が不要な屋根材を使用している可能性があるので、太陽光発電を導入するタイミングで建築会社にどの素材を使っているのかを確認しておいた方が良いでしょう。

 

太陽光発電と屋根塗装を同時に行う判断基準をもとに検討する

 

このように、太陽光発電を設置すると同時に屋根塗装をすべきかどうかは、築年数や屋根の美観をどう考えるかにより変わってきます。しかし、屋根裏を見た時に雨漏りが進行している場合もあり、太陽光発電の工事が終わった後すぐに屋根の工事をするとなると、またまた大変なことになってしまします。

ここで大切なことは、設置前にきちんと現地調査を行い、屋根や屋根裏の状況を確認しておくことです。つまり、屋根の状態をしっかり確認して総合的な提案ができる業者を選ぶことが大切だということです。太陽光発電の設置と屋根塗装の両方の実績が豊富な業者…そんな業者に出会えると、成功へ一歩近づきます。

太陽光発電システムを設置する際には、屋根に穴を空ける施工を伴います。そのため、施工要領通りに設置して、防水加工をしっかり施す技術を持っていなければ、後々トラブルにつながってしまいます。屋根塗装は、実は太陽光発電の設置工事よりも複雑な作業が発生します。

ただ単に塗料を塗るのではなく、高圧洗浄を行い、下地を補修し、「下塗り・中塗り・ 上塗り」の三度塗りという工程がありますので、技術力の高さが要求されます。特にポイントになるのが「下地補修」で、塗料が屋根材にしっかりと密着するかどうかはこの工程にかかっていますので、ホームページなどでこれまでの実績を確認しておきましょう。

塗装の重要性についてはこちら!!!
 

関連イベント