columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 防水工事が必要な理由と防水の種類と比較

防水工事が必要な理由と防水の種類と比較

住宅を新築する時やリフォームする時は、住宅に関する専門知識を少しでも仕入れとくと役に立つことがたくさんあります。そのひとつが防水工事に関することです。防水工事はそれなりのコストがかかるので、あまりやりたくないかもしれませんが、実はこの防水工事を怠ると後々大変なことになってしまいます。そこで今回は、防水工事が必要な理由を紐解きながら、防水工事の種類について解説していきます。

 

防水工事がしっかりできている=良い住宅?

 

ここ最近建築された建物については、そのほとんどで防水工事が行われています。この防水工事を行わなければ、昨今の気象現象として頻発しているゲリラ豪雨はもちろん、通常の雨の際でも雨漏りが起こってしまうリスクが高くなります。そのため、最近では「防水工事がしっかりできている住宅こそ、良い住宅」ともいわれるようになり、ゲリラ豪雨や台風にも負けない質の高い住宅に住むためには、防水工事は必須となっています。

というのも、住宅の中に雨水が浸入し、一度でも雨漏りが発生してしまうと、基礎部分の木材にカビが生えたり、雨水が貯まった場所からシロアリが発生し木材を食い荒らしたり、室内の色々な場所でカビが生えやすくなったりなど、住宅の劣化が激しくなってしまいます。後々雨漏り被害により後悔しないためにも、新築・リフォーム時に防水工事を済ませておくことをおすすめします。

防水工事を行う場所は屋根だけのように思うかもしれませんが、外壁やバルコニー、屋上といった部分も必要になります。この防水工事をしっかりと行うことで、突然の大雨にも耐えうる丈夫な家が完成します。先述の通り、木造の一戸建てに水が浸入してしまうと木材の劣化が早まると同時に、木材を接続している金具やネジも錆びてしまうので、最悪のケースでスト住宅そのものが傾いてしまいます。

また鉄骨の建物であっても錆びがついてしまうこともありますので、防水工事を行う必要があります。このように、住宅の劣化を防ぎ長きに渡って使えるように寿命を長くすることも、防水工事の大きな役割です。防水工事をする・しないによって、耐用年数が数十年といった単位で変わることも予想されます。

 

具体的な防水工事

 

では、防水工事にはどのようなものがあるのでしょうか。まずは「塗膜防水」と呼ばれる、塗膜を作って防水をする工法を紹介します。

 

  • ウレタンゴム系塗膜防水

ウレタンゴム系塗膜防水は、ポリイソシアネートを主成分とする「主剤」と、ポリオールを主成分とする「硬化剤」を混ぜ合わせたものを塗って塗膜を作る工法です。柔軟性のある素材なので、下地の形状にすぐ馴染み、水密性が高い塗膜になるのが特徴です。下地に塗るだけで防水層が形成されるという工法なので、施工場所の形状が複雑であっても簡単かつ確実に施工できることから、多くの住宅で採用されています。

また、施工場所に別素材の防水層があったとしてもその上から施工できるので、古くなった防水層を撤去すると手間がかかりません。軽量なので、古い防水層をそのままにしておいても大きな影響は与えません。そのため、工期も短いですしコストも安くなります。このような特徴があるので、屋上やベランダなど施工場所を問いませんし、においも熱も発生しないので、周辺環境へも優しい工法といえます。

ウレタンゴム系塗膜防水は、短所らしい短所がないですし施工実績も多いので、防水工事の中ではミスが少なく後々のトラブルにつながるリスクが低い工法といえます。しいてデメリットとして挙げることがあるとすれば、職人が手作業で行うことから完全に均一な塗膜にはならないこと、完全な外観にはならないということです。

しかしながらこのデメリットに関しては、専用の機械を使うことで最低限に抑えることができるものです。また、経年劣化はどうしても起こってしまいますが、上から重ね塗りをすれば解消されます。

 

  • FRP防水

FRP防水は、強度が高く耐久性に優れたFRP((Fiber-Reinforced Plastics/ガラス繊維強化プラスチック)を防水層に活用する工法です。FRPを使った防水層は、軽量ながら強く丈夫で、耐水性・耐食性・耐候性に優れているという特徴があり、保護層がなくても防水機能が低下しません。丈夫なので、人がこの防水層の上を歩いたとしても簡単には壊れません。

また、施工してからすぐに硬化することから、1~2日で工事が終わります。完成した防水層は、継ぎ目のないシームレス構造になりますので、外観的な仕上がりもきれいです。ただし、施工中は独特のにおいがあるので臭気対策は必須です。人が頻繁に活動するバルコニーや屋上で施工されることが多い工法です。

 

FRP防水の欠点としては、プラスチックならではのものが多くなります。まず、紫外線に長期間に渡って晒されると、劣化してひび割れを起こしてしまうことがあります。このため、定期的にトップコート(防水層の一番外側にある膜)を塗り替えなければなりません。また、ウレタンと違って伸縮性がないので、地震のような外的要因によって建物が揺れた時にもひびが入る可能性があります。また、施工中ににおいがでたり、廃棄が難しかったり、環境面での課題もあります。

 

~ 続いては、シートを使った「シート防水」の工法です。 ~

 

  • ゴムシート防水

ゴムシート防水は、シート状の合成ゴム系の防水シートを接着剤で下地に貼り付ける防水工法です。シートそのものは固形ですので安定感は抜群ですし、ゴムがベースになっているので伸縮性・耐候性に優れていますが、シート同士の接着は接着剤や粘着テープで行うので、下地との接着については塗膜工法よりも弱くなってしまいます。

また、そんなに厚い素材ではないので、損傷しやすいことも指摘されています。しかしながら、コスト面では比較的安く工事ができますし工期も短いので、広い面積ではなく、外から目立たないところや応急処置としてよく採用される工法となっています。また軽量ですし、上に保護層を塗れば人が歩行することもできます。

ゴムシート防水を採用できる場所ですが、しっかり接着するために下地が平らな場所であることが求められます。つまり、複雑な形状には採用しにくい工法ともいえます。シート同士・シートと下地を貼り合わせる時に使う接着剤の性能がそのまま防水性能になることから、接着剤の耐用年数がポイントになります。

ゴムシートは紫外線の影響で劣化しますので、定期的なメンテナンスは必要です。また、接着剤や素材自体に化学物質が使用されているので、シックハウス症候群にも注意しなければなりません。いずれにしても、小さい面積で採用すべき工法です。

 

  • 塩ビシート防水

塩ビシート防水工事とは、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤で下地に貼り付ける工法で、シートを張るだけという手軽な工法なので施工性に優れています。また、ゴムシートよりも薄く柔軟性があるので、複雑な形状や狭い場所のようなシート同士のジョイントがたくさん発生する場合でも施工可能です。

既存の下地がそのまま残っていても、撤去する必要もありません。また、紫外線や熱にも強く、耐久性・耐候性に優れていますし、単層防水ということもあり工期も短くコストも安く済みます。また、デザイン性に富んだ色や模様がプリントされたシートも開発されています。

塩ビシート防水はシートを使用することから、基本的には下地が平らである必要がありますが、シート同士の接合をしっかりするために熱風で溶かして接着するという技術があり、この技術を応用して複雑な形状の下地にも接着が可能になります。

実は、塩化ビニールはもともとは硬い素材なので、柔らかくするための「可塑剤」が添加されています。そのため、その可塑剤が気化してしまうとシート自体が硬くなってしまうので、ひび割れが起こりやすくなります。一般的な耐久年数は10~15年といわれています。

 

~ 最後に、アスファルト防水にも触れておきましょう。~

 

  • アスファルト防水

アスファルト防水は歴史が古く、施工数が多く信頼性が高いのが特徴です。アスファルトを染み込ませるという工法なので、防水性能が高くコストもそれほどかかりません。防水層が厚くなるので、水密性が高くなります。

かつては施工中のにおいが課題となってしましたが、最近では工法が改善されたことでにおいの発生が少なくなりました。保護モルタルを活用すれば耐久性が高くなり、そもそもほかの工法よりも耐用年数が長いことから、メンテナンスの回数はかなり少なくなります。

アスファルト防水では、合成繊維不織布にアスファルトを含ませてコーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねていくのですが、いくつかの工法があります。ひとつは熱工法です。

これは、アスファルトを高熱で溶融してシートを複数枚交互に積み重ねていく方法です。そして、トーチ工法はというシートの裏面と下地をバーナーであぶり溶かしながら貼り付ける方法もあります。

また、常温工法という液状のアスファルト材を使ってルーフィングを複数枚交互に積み重ねていく方法もありますが、いずれも防水層が厚く連続することになるので、防水機能の面で信頼性の高い工法といえます。

 

とはいえ、アスファルト防水にも短所があります。それは、アスファルトを高熱で溶かすという工程があるので、その際の危険性です。また、幾層も重ねた上にアスファルトを流していくので、工事の手間が多く、職人の作業量は多くなってしまいます。

また、人が歩けるようにするためには保護モルタルを貼る必要があるので、施工箇所の重量がかさんでしまいます。そのため、アスファルト防止は木造建築には向いていない工法といえます。

 

防水工事と塗装工事は違う?

 

このように防水工事の工法を見てきましたが、塗膜工事については塗装工事とあまり変わらないようなイメージを受けたかもしれませんが、実は使っている素材も目的も違います。もちろん、その工法も違います。そのため、防水工事は塗装専門業者ではできませんし、逆に塗装工事は防水専門業者ではできないということになります。

両方とも“塗る”作業なのは間違いないのですが、防水工事と塗装工事は目的・使用する道具・材料が違いますから、まねごとのように簡単には施工できません。

ちなみに、すでに雨漏りが起こっている住宅の場合は、住宅の内部にまで水が浸入してしまっていることから、基礎自体が劣化してしまうリスクが高まっていますので、すぐに防水工事が必要になるだけでなく、最悪の場合部分的に交換工事を行わなければならないかもしれません。

防水専門業者は、塗装専門業者と比較すると数は少ないですが、全国的には多数の業者が存在しています。どの業者が自分の住宅の状態に適した工法を得意としているのかはなかなかわからないかもしれませんが、一括見積もりサイトを活用したり、全国建物診断サービスに相談したりしてみることで優良業者を探し出すことができます。

特に後者は、火災保険を活用した工事にも豊富な実績がありますし、住宅全体をチェックし、最適な工事がどのようなものかまでフォローしてくれる「ホームドッグサービス」を行っていますので、全国建物診断サービスのホームページをチェックしてみてください。

お問い合わせはこちら!!!! 

防水工事のポイントは「定期的なメンテナンス」

 

防水工事は、新築時にだけ行うものではありません。どんなにお気に入りのものであっても、毎日使用しているとおいおいボロが出てきてしまうものです。これは住宅にもいえることで、毎日自然の紫外線や風雨にさらされている住宅は、知らない間に劣化が進んでいます。

そのため、どのタイミングで雨漏りが起こっても不思議ではありません。雨漏りが起きてしまってから対処するのでは遅いのです。そのため、トラブルが起きる前に対策しておくことが大切です。外壁にひびが入っていたり、屋根にあたる雨の音が変わったりした時は、家の老朽化が進んでいる可能性が高いですので、一度業者に相談してみることをおすすめします。

防水層は、どの工法でも紫外線や豪雨によって少しずつ劣化してしまいます。台風やゲリラ豪雨などが起こってからチェックするのではなく、定期的にメンテナンスをすることが大きなトラブルにならないポイントです。少しでも気になることがあったら、防水工事のメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか。

関連イベント