columm

  1. HOME
  2. イベント
  3. 塗装工事と防水工事は同じ?違う?

塗装工事と防水工事は同じ?違う?

普段生活している中で塗装工事、防水工事という言葉を聞くことは多くありません。
聞くとなればいざ自分の自宅などで行うことになったときでしょう。
しかし、塗装工事と防水工事は傍から作業を見ていると同じように見えます。
それでは塗装工事と防水工事はどのように異なるのでしょう。

確かに塗装工事の中には防水工事を兼ねているものがないわけではありません。
しかし、厳密にいうと防水工事は塗装業者ではできないもので、塗装工事は防水業者ではできないものです。
両方とも“塗る”作業であることは変わりないのですが、防水工事と塗装工事は目的・使用する道具・材料から違いますので、専門業者の持っている知識も違うのです。
塗装である程度の防水ができたとしても、雨漏りなどが完全に収まるわけではありません。

すでに雨漏りが起こってしまっている場合や、防水対策を行うべきタイミングに来ている場合は、防水専門の業者に施工してもらわなければなりません。
防水業者は塗装業者よりも少ないですが、全国各地に存在しますのでまったくいない、といことで困ることはないでしょう。

「防水塗装」という言葉は存在しない?

「防水塗装」という言葉を耳にしたことがありませんか?
実はこの言葉は造語であって正確には存在しない言葉です。
そもそも、防水工事と塗装工事は別々のものなので、この2つの工事を混同して使用されていると思われます。
この混同を解消するためにも、防水工事と塗装工事がそれぞれどのようなものなのかを正確に理解する必要があります。
正しい防水効果を得るためには、塗装工事だけでは足りず、防水工事を行わなければならないのです。

塗装工事とは何か

塗装工事とは、建物の「美観の保持」「外的要因からの保護」を目的に行われる工事全般を指します。

つまり、塗装によってビジュアルをきれいにして、新しい塗膜を作ることで日差し・風雨などの自然から建物を守ることが目的となります。

塗装工事をして新たな塗膜を作るわけですが、この塗膜とは塗料が乾いて硬くなった状態のことを指します。
塗装工事は、防水が最大の目的ではないので、完全に浸水を防ぐための防水工事と比較すると防水性に優先順位は置かれません。
塗装だけでも雨水を通さないといった防水効果が得られることはありますが、それは完璧なものではありません。

塗膜はつるつるしているので、雨水が屋根や壁にぶつかっても下に流れていく性質を持っています。
そのため、ある程度の雨水の浸入を防ぐことはできます。
最近では多くの塗料メーカーがあらゆる自然環境下を想定した性能テストを行っていますので、その防水効果は依然と比較すると高まってはいます。

様々な塗装工事について

では、塗装工事で解決できる防水にはどのようなケースがあるのでしょうか。
まずは外壁の防水です。
外壁には、様々な角度から雨水が当たることが予想されます。
そのため、雨脚が強い時には塗装のひび割れ部分から雨水が浸入する可能性があります。そのため、ひびが入った塗装をそのまま放置しておくと、雨水の浸入につながってしまいます。
そのため、外壁の防水対策のためにも塗装工事は定期的に行うべきなのです。

外壁が受けるダメージは雨水だけではありません。
紫外線や汚れなどの外的要因の影響を受けて、それぞれに対策が必要になってきますが、複数回も塗装工事を行うわけにはいきません。
そこで、外壁専用の様々な性能を持ち合わせた塗料を使った塗装工事をすることになります。
最近よく利用されるのが、耐久性・耐熱性・耐水性に優れていてコストパフォーマンスも高いシリコン塗料です。
シリコン塗料の普及率は70%にも上っていることから、安心して使用できる塗料として広く認知されています。

また、勾配屋根の防水も塗装工事で行います。
いわゆる三角屋根である勾配屋根は、屋根に傾斜がついていることから雨水がたまることなく流れやすい構造をしています。
屋根は、外壁と同じく雨水・紫外線・汚れなどの自然の外的要因を受けやすい場所ですので、様々な性能を持った塗料を使って工事を行います。
勾配屋根においても、シリコン塗料が主流となってきています。
塗装業者も施工経験が多くなっていることから、ミスやトラブルが少ない施工方法となっています。

平屋根である陸屋根もある程度は塗装で防水ができますが、勾配屋根と比較すると雨水が屋根にたまりやすくなる構造をしています。
とはいえ、陸屋根もまっ平らではなく排水口に向かって緩やかな傾斜が付いているので、多少の排水はできますが、雨漏りが起こりやすい構造であることには変わりありません。
そのため、塗装工事だけではなく防水工事を行わなければ完全な防水が難しくなります。陸屋根の場合は、ウレタンゴム系塗膜防水が行われるケースが多いようです。

これは、陸屋根が外壁と同じく伸縮する可能性があるので、ウレタンゴム樹脂のようなゴム状の防水層でなければ破損リスクが高くなってしまうからです。
防水工事ではFRPという素材もよく使用されますが、これは硬い防水層を作る塗料ですので、屋根ではひび割れを起こす可能性があります。

防水工事とは何か

では、防水工事とは何なのでしょうか。

これは、建物の「水からの保護」にフォーカスを当てた工事で、水の浸入を完全に断つことを目的としています。
防水性能がある塗料や材料を使って防水層(水を通さない膜)を形成することで水の侵入を防ぎます。
この防水工事には、大きく分けて3種類あります。

①塗膜防水

ウレタン樹脂やアクリル樹脂などの液状の防水材料を塗り重ねることで防水層を作ります。この工法のメリットは、塗る工事なので複雑な形状の箇所に施工できることです。

②シート防水

ゴムシートのようなシート状の防水材を並べて貼っていき、防水層を形成します。
この工事は、平面には向いていますが、複雑な箇所には不向きです。

③複合防水

液状・シート状のアスファルトを使った工法です。
シート状のアスファルトを並べて貼り、仕上げに液状にしたアスファルトを塗って防水層を形成するので、丈夫で長持ちというメリットがあります。
しかし、バーナーを使用するなど施工行程が複雑なので、経験豊富な技術力が必要です。

この中でも、どのような場所でも施工できるのが塗膜防水です。
この塗膜防水は、大きく分けて4種類に分けられます。

①ウレタンゴム系塗膜防水

ウレタンゴム系塗膜防水は、その名の通りウレタン樹脂を用いた防水工事のことで、液状のウレタン樹脂に硬化剤を混合させ防水箇所に塗り、硬いゴムのような防水層を作る工法です。
ウレタン樹脂の特徴は、マットレスに使用されるほどの弾力性です。
そのため、伸縮性が高く、ひび割れが起こりにくいというメリットがあります。

雨水はひび割れからどんどん浸入していきますので、屋根や外壁のようなひび割れが起こりやすい箇所にはこの工法を採用することが多くなっています。
しかしながら、防水層自体は紫外線にとても弱いことから、トップコートを塗って防水層を保護するといった仕上げを行います。
このトップコートの塗り替えを3~5年ごとに行うことで、防水層自体は10年程度持ちます。

②FRP防水

FRP(Fiberglass Reinforced Plastics)とは、プラスチックの防水層を形成する防水工事のことで、ウレタンゴム系塗膜防水よりも固い防水層を形成する工事です。
ガラス繊維を編んだシートの上に、液状の不飽和ポリエステル樹脂と硬化剤を混ぜ合わせた物を塗ってプラスチックの防水層を作る工法で、船やプールなど大量の水がある場所で採用されるものです。

硬くて丈夫ではあるのですが伸縮性がないので、建物の揺れによってひび割れが起きるリスクが高い工法です。
また、木造建築では木材が湿度により膨張・収縮を繰り返すので、その伸縮に耐えられずひび割れが起こることがあり、不向きといわれています。
防水層は硬いプラスチック材ではありますが、紫外線を浴び続けると劣化してしまうので、トップコートで保護することになります。5年ごとにトップコートの塗り替えを行うことで、10年以上防水層を持たせることができます。

防水工事の重要性

なぜ防水工事をしなければならないのかといえば、雨水が建物に大きな被害を与えるからです。
実はそれだけではなく、建物に被害が出るとそこに住む人たちの健康にも影響が出てしまうのです。

一般住宅はいわゆる骨組みにあたる“構造”と屋根や壁にあたる“外装材”、電気設備や水回りなどの“住宅設備”で構成されていますが、その中でも外装材というものは、自然の影響をもろに受けてしまうので、何の加工もない状態ではすぐに劣化してしまいます。
劣化してしまった部材は、防水機能が低下してしまうので、雨水が簡単に建物内部へ侵入してしまい、その水分によって湿度と木材に含まれる水分量である含水率が上がり、かびやシロアリが繁殖する環境を作り出してしまいます。

その結果、建物はもちろん、人体にも影響が出てしまうのです。

雨水が浸入したことで建物に傷みが出たとしても修理して直ればよいのですが、修理だけでは済まないくらい被害が広がってしまうことがあります。
そのような場合、構造部分を取り換えるといっても簡単にできるものではありません。
また、かびが増加すると健康被害も症状がどんどん重くなってしまいます。
様々なケースを防ぐためにも、まずは建物内部への雨水の浸入を防ぐこと、もし浸入してしまった場合はすぐに対処することが求められます。
具体的には、ひび割れの補修やコーキング、建物自体に防水性能を持たせるなどの方法です。
塗装工事・防水工事の基本は、一度にすべての処置を行うことですので、しっかり検査をしてもらってどの工法が一番良いのかを検討しましょう。

様々な防水工事について

塗装で防水ができるケースは先述した通りですが、ベランダやバルコニーの防水は塗装だけで完全な防水はできません。
そこで、より一層しっかりとした防水工事を行うことになります。
というのも、ベランダやバルコニーは屋根や壁と比較して水が溜まりやすいので、雨漏りのリスクが高いのです。
このケースでは、専門の防水業者に依頼することになります。

ベランダやバルコニーでおすすめなのは、FRP防水です。これらの場所は、屋根や外壁と比較して伸縮する可能性が少なく、住人が歩くことが多くなるので、丈夫で固い防水層にしておく必要があるからです。
FRPの防水層の特徴の一つに、摩擦に強い耐摩耗性が高いことがあります。
そのため、最近の新築住宅のベランダのほとんどは、FRP防水が施されています。

すぐに工事すべきケースと業者の選び方

では、どのような場合に防止工事を行った方が良いのでしょうか。
まずは、雨漏りや浸水が起こった場合は必ず工事が必要です。
また、部屋の湿度がいつもより上がっていたり、前回の防水工事から10年以上経っていたりする場合、屋上のシートやアスファルトが破損している場合はすぐに工事を行いましょう。


では、業者はどのように選べばよいのでしょうか。以前工事をしたことがあり、その業者の施工に不満がない場合は引き続きお願いしてもよいでしょう。
しかし、初めて防水工事を行う場合は、インターネットに業者ごとに載せられている金額で、防水工事の相場・適正価格などがチェックできます。
そして、どの業者が頑張って値引いてくれているかもわかります。
ただし、極端な値引きは手抜き工事につながる可能性があるので、そのような見積もりを出してきた業者は避けた方がよいでしょう。
また、防水工事はアフターフォローが重要になりますので、しっかりとしたアフターフォロー体制が整っている会社を選ぶようにしましょう。

そのような業者を探し出すためには、マッチングサイトの活用が考えられます。
専門業者が登録しているマッチングサイトで、自分のお願いしたい工事に合わせて検索をかけると、一覧が出てきます。
その中から、施工実績がしっかりしていて、長く経営を続けている業者をセレクトしましょう。
ホームページがただきれいなだけではなく、過去にどのような工事をしているかを掲載している業者の方が安心できるでしょう。
見た目ではなく、中身をチェックするようにしましょう。

防水工事は家を守るために重要


このように、防水工事は建物自体の寿命を縮めないため行わなければならない工事です。
また、必ず行わなければならない工事です。
そして、防水は施工箇所に合わせて適切な工法をセレクトしなければ意味がありません。
塗装業者の中には、防水工事ができないのに「塗装工事だけで充分」といってくる悪徳業者もいるという報告もあります。
この場合は、後々大きなトラブルになりかねませんので、防水工事と塗装工事の違いを正確に理解し、優良業者に工事を依頼するようにしましょう。

関連イベント